このブログの目的
(目次)
………
………
序文
………
このブログの目的と「創造ネット計画」
………
「創造ネット計画」の目的
………
「創造ネット計画」の過去
………
………
希望の星
………
発見!
………
希望の星
………
「希望の星」が抱えている問題
………
「希望の星」 VS 「平ドンOZEKI」
………
………
翻訳という方法
………
翻訳という仕事
………
「創造ネット計画」と翻訳と「希望の星」
………
インターネットの威力
………
「平ドンOZEKI」の逆襲
………
………
「創造ネット計画」の戦略
………
「創造ネット計画」と「大衆」
………
「大衆」に対する旧来の概念
………
再び
「創造ネット計画」と「大衆」

………
近未来型の「大衆主導社会」を目指して
………
………
………background music………
………
「虹の彼方に」

 

 

 

 

 

序文
………
このブログの目的と「創造ネット計画」

我輩は生活保護受給者である。

生活保護受給者である我輩が
「このブログ」を書いている
目的については
この記事
この部分以降の記述を御覧頂きたい。

これが「このブログ」を書いている我輩の
個人的な目的………と言うか動機
なのであるが、………

そういう意味での目的の底にあって
その目的を正当化する根拠となっている
「創造ネット計画」という企画
というか考え方に関する説明を試みる事から
今回のこの記事をスタートさせたいと思う。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「創造ネット計画」の目的

上述の記事でも書いているように

皆さんから嘲笑される事を恐れずに
敢えて
思い上がった極論を申し上げるなら、
 

民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに呼応するべき
上からの
具体的な社会変革政策の展開を促進し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

 

………まあ、こんなところが
「創造ネット計画」の目的である。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

「創造ネット計画」の過去

今から約13年前
2006年に作成したブログの
この記事を御覧頂きたい。

この記事あたりに
「創造ネット計画」の原点はある。
 

それ以前の20年以上を含めた
40年近くにも渡る長い年月の間、………

今になって考えてみれば
上記した記事で述べているような
………と言うか希望………というか
執念………というか、

その種の心理に突き動かされ
支えられながら
夢中で生きてきたのが我輩の過去だった。
 

………しかしながら、
世間一般の常識から見れば
現在の我輩はニートの成れの果て
………の典型に過ぎない。

………そのような観点から記された
こんな御意見をお読み頂きたい。

まっとうに生活していらっしゃる
典型的な常識人から
こう言われてしまったら一言もないのが
現在の我輩なのである。
世の中は結果が全てなのだから

こんな老人の主張する
「創造ネット計画」などという
訳の分からない企画あるいは考え方に
理解を示し共感してくれる人などいる
………はずもないのは当然の事である。

広い世の中にはこんな優しい事
おっしゃって下さる方もいるにはいる
のであるが、………
こういう方は少数派に違いない訳だし、………
………
この方も最後には
「毎日暑すぎて、あたま、湯だってるもん」
………だそうなので当てには出来ない
のである。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

希望の星
………
………
発見!

………というような次第で

長い長い間悲哀まみれながら
様々な努力を続けた果てに辿り着いたのが
このブログなのであるけれど、………

最近になって我輩は

自分が語るには相応しくない
「創造ネット計画」の目的、

………つまり
 

民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに呼応するべき
上からの
具体的な社会変革政策の展開を促進し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

………という言葉を口にして当然の人々を
次々と発見するに到ったのである。

このブログを書く事によって
思い知らされた自分の限界を痛感しながら、

その限界を越えさせてくれる手がかりを
インターネット上で
可能な限り捜し求め続けた末に………。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

希望の星

その一例として
最近になって我輩が発見した幾つかの動画を
御紹介しようと思う。

ざっとで結構なので、

これらの動画の向こう側にいる人々が
言っている事
或いは言おうとしている事に共感
できるかどうか試してみて頂きたい。
 

彼等が言っている事、
或いは言おうとしている事に

現在このブログをお読みになって
いらっしゃる、
………かも知れない読者の方々が
現実的な生活実感として
どこまで理解し共感できるだろう?
 

★政府の役割・民間の役割★
………
★人口減少加速までタイムリミット2年★
どうする評価基準・残業規制
生産性向上?

………
★少子高齢化の現状と将来課題★
………
★ロボット・AIの「最新活用事例★
………
新たな時代を切り開くための
★「大学改革」とは?★

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

希望の星が抱えている問題

失礼ながら
多くの読者の方々にとって
この要求は
多分かなりの無理難題だろう
と我輩は考えている。
 

つまり、

世間一般の常識に従って
まっとうに生活していらっしゃる
普通の人々が

彼等「希望の星」達の言っている事や
言おうとしている事を

実感として理解するのは
多分かなりの無理難題のはずだ、
と我輩は考えているのである。

彼等「希望の星」達は
世間一般の常識に従って
まっとうに生活している普通の人々が
理解できる範囲外の事を言っているし
言おうとしているのだから、………。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「希望の星」 VS 「平ドンOZEKI」

しかし、

世間一般の常識に従って
まっとうに生活してこなかった
自分には理解できる、
………と我輩は考えている。
その原因は
世間一般の「まっとうな人々」が
「まっとうな仕事」に注いでいる分の
エネルギーを
「まっとうでない生き方」に注いできた
からに違いない!………というのが
この件に関する我輩の考察結果である。

 

………それのみならず、

自分には彼等がやろうとしている事を
別の面から推進していく事ができる
……はずだ、………

とも現在の我輩は考えている。

彼等「希望の星」達の言っている事を
手がかりとも足場ともして、………。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

翻訳という方法
………
………
翻訳という仕事


現在の我輩は
このブログを書く事によって

上記リンク動画の向こう側にいる人々が
言っている事、言わんとしている事を
………
世間一般の「まっとうな生活」をしている
「まっとうな人々」に向けて
面白く楽しい記事に書き直し作り直す
………という
言わば翻訳のような作業

を本格的に開始しようと考えている。
 

作業のイメージとしてはこんな感じ
いきたいと思っている。

上記でリンクさせて頂いた
翻訳は何に例えられるか?という記事には
翻訳という作業に対する様々な比喩
紹介されている。

中には「奴隷」などという
同感できない言葉があったり、

「硬貨」だとか「器とその破片」だとか
「宙づり」だとか、………
訳の分かったような分からないような
微妙な例えが多いのだけれど、

「小人の靴屋さん」とか「植木職人」とか
「海女さん」とかいうイメージには
なんとなく共感できる所があるので、
そんな感じでやっていきたいと思う。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「創造ネット計画」と
翻訳と
「希望の星」

今まで長い長い年月に渡って
我輩が抱いてきた「創造ネット計画」には
明らかな限界や様々な問題点があった。

その意味に於いて

上記したような「翻訳」作業は
「創造ネット計画」にとっても、
我輩自身にとっても
非常に、と言うより決定的とも言えるほど
重要な意味を持っている。
 

御覧頂いた動画でも分かるように

我輩が「翻訳」しようとしている言葉を発し
考え方を述べているのは
現実問題として日本の未来を切り開くべき
立場や地位にいる政治家やコンサルタント
や学者といった種類の人々である。

彼等「希望の星」達は
非常に優秀なエリートであり、
海外での生活経験が豊富であったり
海外のエリート達との多様な交流経験を
持っていたりして
現在の日本が抱えている様々な限界や
問題点を指摘したり解決策を提示したり
している。
 

………一方、

我輩は彼等とは全く異なった立場から
「創造ネット計画」という企画を通じて
日本の未来を切り開こうとしている
人間である。

………そのような我輩にとって
彼等「希望の星」達の考え方や提言は
重要かつ決定的なヒントを与えてくれる
貴重な情報なのである。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

インターネットの威力

………これらの貴重な情報には
今まで我輩のような立場の人間がアクセス
する事は不可能だったのだが、

最近になって急速に発展・展開してきた
インターネットの様々なサービス、
特に無料で公開されるようになった
豊富な動画コンテンツのおかげで、

驚くほど簡単かつ確実に
深く知りたい事や観察したい事柄を知り、
確認したい情報を取得する事
ができるようになって来ている。

…………………………………………………
………というような次第で、

今まで長い長い年月に渡って
自分だけの狭い低い視野の中で
考察し続けてきた「創造ネット計画」
という企画を

翻訳という作業を通じて
彼等「希望の星」達の視点や考え方から
見直すという試みは
現在の我輩にとって非常に、
………と言うより決定的とも言えるほど
重要な意味を持っているのである。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「平ドンOZEKI」の逆襲

………とは言え

現在の我輩は

今まで長い長い年月に渡って
自分だけの狭い低い視野の中で
考察し続けてきた「創造ネット計画」
という企画を無意味なものだ等とは
決して考えてはいない。

上記した文章では
敢えて自分だけの狭い低い視野の中で
等という卑下した言い方をしたけれど、

自分だけの狭い低い視野の中で
という言葉の内には
我輩独自の体験に基づいた
一般大衆の深層心理に対する知見

……という
大それた意味も込めている。
 

彼等
「希望の星」達の考え方や提言の多くが
現在まで日本の大衆に何故どうして
受け入れられていないのか?

………というより、
正しく理解さえされていないのか?

………その辺りに我輩が主張している
「創造ネット計画」の存在意義がある
はずだと我輩は考えているのである。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「創造ネット計画」の戦略
………
「創造ネット計画」と「大衆」

 

こちらのページを御覧頂きたい。

「戦略」とは
特定の目的を達成するために
長期的視野と複合思考で
力や資源を
総合的に運用する
技術・応用科学である。

………という事なので、
この定義に従って
「創造ネット計画」の戦略
考えてみよう。
 

「創造ネット計画」の目的は

民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに呼応するべき
上からの
具体的な社会変革政策の展開を促進し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

………事にある。

………ここで先ず最初に問題になるのは

どうやって
「大衆」の意識を変革するか?

………であるが、

その問題を考えるに当たっては
「創造ネット計画」の立場から
改めて
「大衆」という言葉の意味を再定義する
作業から始めたいと思う。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

「大衆」に対する旧来の概念

最近になって知った事なのだが、
「大衆」という概念は
スペインのオルテガという哲学者
1930年(今から88年前)に発表した
「大衆の反逆」という本によって
初めて一般的になった考え方なんだそう
である。

「ギョエテとは俺のことかとゲーテいい」
という有名な川柳があるけれど、

この書物によって
「大衆とは俺のことか」と
初めて気付いた人が当時は多くいた
らしい。

「大衆の反逆」という本に対する
最も簡単な理解の方法は
★こちらの動画★
★こちらの動画★を見て頂くのが一番だ
と思う。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

再び
「創造ネット計画」と「大衆」

ところで、

上にリンクした二つの動画と二つの記事は
どちらかと言うと
「大衆」を悪い存在として扱っている。

もちろん、
解説している対象としての「大衆の反逆」
という本が
「大衆」を悪い存在として扱っている
のだから、
それは当然の事なのであるけれど、………

我輩、
つまり「創造ネット計画」の考え方は
そのようなオルテガの主張とは
一線を画している
 

そもそも「大衆の反逆」という本は
1930年→昭和5年……というから
今から88年前、つまり一世紀近く前の
★こんな時代★に出版された本である。

その当時の「大衆」と現代の大衆は
違っていて当然である、………というのが
我輩の考え方なのである。

そのような意味での21世紀型の「大衆」を
産み出し育てる試みから
「創造ネット計画」はスタートする。

目指すのは「大衆」が時代を主導する
「近未来社会」の構築である。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

近未来型の
「大衆主導社会」を目指して

「未来の大衆」が主導する
「近未来型の大衆主導社会」
とはどういう社会なのか?

どうやって
そのような社会を作っていくのか?

我輩は
今すぐ建設作業に取り掛かる為の
具体的で現実的な手段を持っている訳
ではない。

………しかし、
近年になって急激に進展した
情報革命によって
現在の我輩に与えられている
様々な手段を駆使すれば、………………

比喩としてではあるけれど、……

例えばこんな風に魅力的な
近未来社会のイメージを
ブログの記事として提示する事ができる
と考えている。

これは
エカテリンブルク市(ロシア)が募集した
コンサートホールの建築コンペ
優勝デザイン。
エカテリンブルク(グーグルマップ)
エカテリンブルク(写真)

優勝した建築デザイン事務所の創立者は
こういう人である。
 

ちなみに
過去から現在までの長い年月の間に
我輩が社会に問いかけてきた
未来イメージを3つ御紹介してみよう。

原点は既に御覧頂いた25年前のこの論文

20年前にはこういう提案をしている。

6年前にはこういう提案を、………
 

………そして今
我輩はこんな企画の設計を試みている。
この提案は作成中の試案なので
最初の部分しか出来上がっていないし
内容の大幅な変更も予想されるのだが、
とりあえず現状を提示させて頂いた。

 

………というような次第で、

例え僅かなものでしかないにしても
自分が持っている情報関連の知識と技術の
全てを駆使することによって、
………
既に申し上げた「翻訳作業」を
行いながら、その作業と平行して
………
上記したような
近未来社会の設計図作成を目指し
………
その社会の主人公たる
「近未来型の大衆」の誕生を期したい。

 

以上、
………
こんなところが
主として
「創造ネット計画」の実現を目指しながら
このブログを書き進めている我輩の目的
である。

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 


 

………background music………
………
虹の彼方に
映画「オズの魔法使い」の中の一曲
………
映画の解説
………
英日対訳歌詞
………
………★ヴィッキー・カ(日本語訳付き)★
テキサス出身でメキシコ系のラテンポップス歌手
………
★EvaCassidy(日本語訳付き)★
★エヴァ・キャシディ・奇蹟の歌声★
………
★ジュディ・ガーランド17歳★
詳しい情報記事
………
★トムとジェリー★
公式オンラインショップ
………
★ジュディ・ガーランド33歳★
ハリウッドで一時代を築いた
伝説のミュージカル・スター

………
★コニー・タルボット★
プロフィール
画像検索結果

………
★ジョッシュ・グローヴァン★
音楽事務所の紹介ページ
………
★ジョーダン・スミス★
★歌のオーディション番組が生んだスター★
………
★AndreRieu★
マーストリヒト(オランダ)公演

★世界一楽しいオーケストラの指揮者!?★
マーストリヒト(Wikipedia)
マーストリヒト(グーグルマップ)
マーストリヒト(360度ビュー)
スマホやタブレットで任意の場所の
地図を航空写真に切り替える方法
ストリートビューを表示させる方法

………
★理髪店ハーモニー協会★
(コーラス)

ホームページ
………
★コラブロ(コーラス)★
プロフィール
………
………
★エレクトーン……①★
………
★エレクトーン……②★
………
★エレクトーン……③★
………
★エレクトーン……④★
………
………
★ピアノソロ★

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です