ブログ製作日誌

2019年12月2日(月) 午後4時50分

 

 


このブログの目的
………
第2章
令和に生きる私達に与えられている力

求められている変革

………
目次
………
第1節
令和に生きる私達に
与えられている力

………
第2節
私達に求められている変革
………
………
………
………background music………
&
………background Performance………

………
デトロイト
………
フォードシステム
………
チャップリンの「モダンタイムス」
 

 

 

 

 

第2章
令和に生きる私達に与えられている力

求められている変革

第1節
令和に生きる私達に
与えられている力

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

この節内の目次
………

インターネットが普及して
私達の日常はどう変わったのか?

………
………

情報の受け手として
インターネットを使いこなす力

………
………

情報の送り手として
インターネットを使いこなす力

 

 

 

 

第1節
令和に生きる私達に
与えられている力


インターネットが普及して
私達の日常はどう変わったのか?

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

現在の世界も日本も大きく深く激しい
歴史的な変化・変動・変革の波の只中に
ある。

例えば、

前回の記事で扱った論文を私が書いていた
頃から25年後の今

私達は当時では考えられなかったような
巨大な力を与えられている。

その力によって私達の日常生活は
大きく変化してきている。
 

変化を与えた原因は様々なのだけれど、

最も大きな原因として考えられるのは
やはりインターネットだろう。
 

その点について

インターネットが私達の生活に与えた
巨大で決定的な影響に関して

非常に詳しく、
分かりやすく解説している2つの記事を

インターネットで御覧いただきたい。

日本の未来を切り開く為に!
 

インターネットが普及して
世界はどう変わった?

………
………
インターネットの出現と進歩で
かつての日常がどのように変化したか
が分かる
「リ・イマジネーション(再構築)」

 

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

第1節
令和に生きる私達に
与えられている力


情報の受け手として
インターネットを使いこなす力

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

インターネットが私達に与えている力には
………

1.……少し前の時代に生きていた人々には
……考えられなかったような
……広く深く最新の知識や情報を得る力

2.……今までは限られたエリートにしか
……許されていなかった
……全国、或いは全世界に向っての情報発信を
……個人でも簡単に行う事ができる力

………
………という2つの力があるのだけれど、

ここでは

1.……少し前の時代に生きていた人々には
……考えられなかったような
……広く深く最新の知識や情報を得る力

についての一例として

現在の私が使っている知識・情報源の
一部分と
それらを集める方法としての「検索技術」
に関するインターネット上の記事を
御覧いただこう。
 

気象衛星情報……台風情報
………
天気予報……雨雲の動き情報
………
太陽と月……月齢カレンダー
………
外国為替チャート……主要国株式指数
………
総務省が発信している情報
……
外務省が発信している情報
………
世界の人口ピラミッド……
………
なんでも統計情報……グーグル翻訳
………
………等々………
………
………
ネット検索力がないと
★あなたは生涯損をする★

動画の下にある解説部分の
「もっと見る」をクリックすると
更に大量の情報が表示される。

……
ほとんどの人が知らない
★15のグーグル検索方法★

………
………
★良い情報を見つける方法★
動画の下にある解説部分の
「もっと見る」をクリックすると
更に大量の情報が表示される。

 

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

第1節
令和に生きる私達に
与えられている力


情報の送り手として
インターネットを使いこなす力

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

前項でも申し上げたように、

インターネットが私達に与えている力には
………

1.……少し前の時代に生きていた人々には
……考えられなかったような
……広く深く最新の知識や情報を得る力

2.……今までは限られたエリートにしか
……許されていなかった
……全国、或いは全世界に向っての情報発信を
……個人でも簡単に行う事ができる力

………
………という2つの力がある。
 

1.の

少し前の時代に生きていた人々には
……考えられなかったような
……広く深く最新の知識や情報を得る力

………についてなら

多くの「普通の一般的な」人々が
すでに普通に使っているのが日本や世界の
現状だと思う。

一方、

2.の

今までは限られたエリートにしか
……許されていなかった
……全国、或いは全世界に向っての情報発信を
……個人でも簡単に行う事ができる

………という力を
本当の意味で有効に行使している人は
まだまだ少数で、

大部分の人々は、「フェイスブック」や
「ツイッター」や「インスタグラム」といった
既存SNS世界の中で

限られた個人的な情報を発信している………
だけの段階にあると思う。
 

けれども、

このような状態は
やがて大多数の普通の人々が
次の段階へと移行していく過渡期の現象に
過ぎない、と私は考えている。
 

すでに申し上げたように、
………というか
私が申し上げるまでもなく、

現在の世界は
猛烈な勢いで変化し続けている。
 

現在の世界および日本に於いて主流である
「フェイスブック」や「ツイッター」や
「インスタグラム」や「ライン」といった
既存SNSが
いつまで現在のような絶対的とも言える
立場を維持し続ける事が出来るだろう?
 

激しく変化している世界の只中で、

既存SNSの限界を痛感しながら、

今まで全世界に存在しなかった新しい
近未来的なシステムを構築する事によって

日本の未来を切り開こう!

……というのが
今後、
このブログで展開していこう
と私が考えている主張なのだけれど、……
 

この主張について
もしも
興味をお持ちの方がいらっしゃったら
この上ない幸せだ、と思っている。
 

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 


第2章
令和に生きる私達に与えられている力

求められている変革

第2節
私達に求められている変革

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

この節内の目次
………

激しく変化していく21世紀の世界と
その世界に
生き残る事が出来る個人

………
………

ドラッカーの「予見」
 

 

 

 

第2節
私達に求められている変革


激しく変化していく21世紀の世界と
その世界に
生き残る事が出来る個人

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

この項のテーマについては
私がゴチャゴチャと説明するよりも

関連すると思われる記事や動画を
御覧頂く方が良いと思うので、

以下に
それらの記事や動画へのリンクを貼らせて
頂こう。
 

近い将来に何が起こるか(動画)
………
★2050年までに何が起こるか★
ブーゲンビル23日から住民投票
J・ウェッブ望遠鏡がとうとう完成!

………
★自動運転タクシー都心で実験開始★
★自動運転その他★
………
………
………
物流現場の変化(動画)
………
★ロボット倉庫★……★活動現場★
………
★アマゾンの発送センター★
………
★次世代ピース出荷センター★
………
………
………
消える仕事・残る仕事(動画)
………
★人工知能によって消える職業10選★
………
★2030年にはなくなる仕事7選★
………
★AIやロボットが奪う仕事ランキング★
………
………
………
消える仕事・残る仕事
………
今後10~20年の間に消える仕事・残る仕事
………
『あと20年でなくなる50の仕事』
感想・レビュー

………
ほとんどの仕事はAIが代替する時代に
………
………
………
生き残るには?
………
AIで業務が自動化されても
クリエイター系は生き残る?
(ワコムの企業広告)

………
人工知能時代に生き残れる、
職業ではなく「スキル」は何か

………
AI時代に生き残るための
「たった一つの方法」

コメント
………
「女性の事務系仕事」は
令和時代に生き残れるか

コメント
………
………
………
労働形態の変化
………
働き方の種類を分かりやすくまとめました
………
………
………
新たな成長を目指す日本経済
第1節
雇用の変化とその影響

 

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

第2節
私達に求められている変革


ドラッカーの「予見」

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

奇妙な自慢に聞こえるに違いない………
とは思うのだけれど、

ネクスト・ソサエティ

前回の記事で御紹介した論文を
自分が書いた1994年の3年後の1997年から
2002年にかけて
ドラッカーが
各種雑誌に寄稿した論文を収録した本だ、

………という

その事に今の私は不思議な運命の出会い
のようなものを感じている。
 

現実社会の構造などについて
ほとんど無知だった私が

子供のように純粋無垢な気持ちで描いた
夢や理想に満ちた近未来社会への予想図
には

当然の事ながら現実的な視点が完全に
欠けていた。

その現実的な視点を
経済理論および評論の分野に於ける
世界的な権威者であるドラッカーが
見事に補ってくれている、という事実に
深く感動している。
 

………とは言え

よくよく考えてみれば
これは極めて当たり前の現象に過ぎない事
なのだ、
人間の社会は太古の時代から常に
夢や理想に向って進歩し続けている
のだから、………

……そんな思いも同時に抱きながら……。
 

…………………………………………………
………というような次第で………

………
以下に
「ネクスト・ソサエティ」という本について
以前のブログで説明している
3つの記事を御覧頂く事によって

「日本の夜明けは近い!」
はずだ!!

………という

私の「予感」或いは「願望」が実現する
かもしれない、………

………という「予感」或いは「願望」
皆様にも共有して頂けたら幸いである。
 

ドラッカーの「予見」
………
………
ドラッカーの予言

日本への期待

………
………
日本の先送り戦略の意図
(長文引用)

 

この節内の目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

………background music………
&
………background Performance………

………

デトロイト

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

★しくじり都市デトロイト★
………
★人口が半分になった都市★
………
★デトロイトの荒廃★……★廃屋群★
………
★1937~1949のデトロイト★
………
★1950年のデトロイト★
………
★デトロイト紹介映画(1961年)★
………
………
………
デトロイト市について
解説(Wikipedia)
………
グーグルマップ1……グーグルマップ2
……
グーグルマップ3……ストリートビュー
………
デトロイトの豪華な廃墟
………
なぜデトロイト市は破綻したのか?
………
経済破綻はなぜ起こったか?
………
デトロイト市財政破綻の本質的な問題とは?
………
………
………
ミシガン中央駅の廃墟(デトロイト)
………
★ドローン映像★……★建物内部★
………
グーグルマップ……ストリートビュー
………
………
………
★パッカード自動車工場跡★
………
グーグルマップ……ストリートビュー
………
パッカードについて(Wikipedia)
………
★パッカード博物館★………★アル・カポネの車★

 

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

フォードシステム

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

フォード・モデルTについて(Wikipedia)
………
………
自動車の普及とフォード・モデルT
………
★イントロダクション★
………
★ヘンリー・フォードの夢と希望と自信★
………
★自動車が誕生する頃の世界とフォード★
………
フォードが作った最初の自動車
★自動車の開発競争★

………
………
★フォードの信念★
………
★カーレースとフォード社の設立と発展★
………
★大衆車製造販売への確信★
………
………
★フォード・モデルTの誕生★
………
モデルTの爆発的な売れ行きによって
★大量生産する必要が生じた★

………
………
大量生産方式への模索から
「車が動くライン組み立て方式」へ

………
★デトロイトに画期的な新工場設立★
………
★フォードの夢の実現★
………
………
生産効率の追求
★ベルトコンベアシステムの完成★

………
………
ベルトコンベアシステムが持つ
問題点への解決策として
驚くほど高額な報奨金制度の発案へ

………
………
★大量生産・大量消費時代の始まり★
………
★社会そのものを変革していくモデルT★
………
★フォードシステムの完成★
………
………
………
★フォードの誇大妄想的行動の意味★
………
★時代の変化とフォード★
………
………
………
フォードシステムについて
………
★フォードシステムによる大量生産★
………
フォードの大量生産方式とは
………
製品と生産システムの歴史
………
………
大量生産がアメリカで生まれた理由

 

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

チャップリンの「モダンタイムス」

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

解説(Wikipedia)……解説記事
………
発表された1936年の出来事……画像検索結果
………
………
映画「モダンタイムス」
………
★オープニングタイトル★
………
★巨大工場での労働★……★自動食事マシーン★
………
★コンベアに巻き込まれた結果★
………
★精神病院から退院した後★
労働運動で逮捕される

………
………
★不良少女★……★刑務所での活躍★
………
★不良少女との出会い★……★無銭飲食★
……
★再会★……★共同生活への夢★
………
………
………………中略………………
………
………
★共同生活★……………★再び工場へ★
………
★再び刑務所へ★
………
★浮浪少女がダンサーに★
………
★ティティーナ★……この場面について
………
★浮浪少女の逮捕~ラストシーン★
………
………
この映画への感想と評価
………
………
………
使われている曲
………
ティティーナ
………
★日野美歌★……オフィシャルブログ
………
★エレクトーン★
………
★冬季五輪エキシビション★
………
★ピアノ四重奏+クラリネット★
………
………
スマイル
………
★マイケル・ジャクソン★……人物紹介
………
★マルティナ・マクブライド★……人物紹介
………
★ロッド・スチュアート★……人物紹介
………
★ジュディ・ガーランド★……人物紹介
………
★コーラス★……★マンドリンオーケストラ★
………
★ピアノ★……★オルゴール★

 

background music&background Performanceの目次に戻る
目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

2019年11月25日以前にアップした記事へ