ブログ製作日誌

ブログ製作日誌全体の目次

 

 

「21世紀的自治会」のすすめ
(下書き その11)
………
以前から私が抱いている計画や企画と
それに関連しているように感じられる

最近注目中のユーチューバーが
アップした動画

詳しい説明は後ほど
2019年6月24日(月) 午後7時10分
………
………
(目次)
以前から私が抱いている計画や企画
………
最近注目中のユーチューバーが
アップした動画

………
………
………
………background music………
&
………background Performance………

………
映画「アマデウス」
………
「アマデウス」で使われた音楽
………
モーツァルトゆかりの地を訪ねる

 

 

料理と趣味のチャンネル(フランス)

 

 

 

 

以前から私が抱いている計画や企画

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………

1999年(平成11年)→今から20年前の提案
PCの場合は
右クリックして現れるメニューから
「時計回りに回転」を選ぶ

………
2013年(平成25年→今から6年前の提案)

 

 

 

 

最近注目中のユーチューバーが
アップした動画

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………

★令和の虎#015【神田 みつき1/3】★
………
★令和の虎#015【神田 みつき2/3】★
………
★令和の虎#015【神田 みつき3/3】★
………
………
★人間の見極め方★
………
………
★副業としてのYouTuberはありかなしか?★
★人生を変えた決断とは?★
………
………
★スラム街のゴミを掻き集めて
食べてみた★

★フィリピン留学の危険さ★
………
………
★日本のオッサン経営者は
なぜ無責任なのか?★

………
………
★人口減少という深刻な問題★
世界の人口ピラミッド(日本)
世界の人口ピラミッド(ドイツ)
世界の人口ピラミッド(インドネシア)

 

 

 

………background music………
&
………background Performance………

………
映画「アマデウス」

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………
解説1……解説2……解説3
………
………
★物語の始まり★
精神病院の個室で面接を受ける老人。
(実は老いた宮廷作曲家サリエリ)
………
「君は私が誰だか知っているかね?」……と
幾つかの曲を弾いて「この曲を知っているか?」
と尋ねる。
………
知らない曲ばかり、……
しかし最後に聞いたことのある曲が、……。
………
「この曲は知っています」と神父が答える。
………
「これは私の曲ではないモーツアルトの曲だ」
遠い目をした老人。
………
「あなたは彼を殺したと言っているそうですね?」
………
「彼は私の憧れ(アイドル)だった」
………
………ここから老人の懺悔が始まる。

………

★伯爵の前で
モーツアルトに恥をかかされる
宮廷作曲家サリエリ★

………
第1幕「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
この場面のモーツアルトが即興で作曲した曲
この曲の背景解説
和訳歌詞
………
オペラ「フィガロの結婚」
解説と1幕2幕3幕それぞれのあらすじ
………
★「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
稲垣俊也★

音量注意
インタビュー記事
………
★「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
イルデブランド・ダルカンジェロ★

Ildebrando D’Arcangelo
………
★「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
ルカ・ピサロニ★

紹介記事
………
★「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
ヘルマン・プライ★

Hermann Prey
………
★「もう飛ぶまいぞこの蝶は」
マルクス・ヴェルバ★

Markus Werba
………
………
第2幕「恋とはどんなものかしら」

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………
………
…………………………………………………
………
映画 アマデウスで使われた音楽
曲目リスト

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

★これは神の音楽だ★
サリエリがモーツアルトの楽譜を読み取って
感動する場面

………
★フルートとハープのための協奏曲 第2楽章★
ガイ・エシュド(フルート)
ジュリア・ロビンスキー(ハープ)

………
★交響曲第25番ト短調★
ワインバーガー室内管弦楽団
………
アイネ・クライネ・ナハトムジーク★
★第2楽章★
★第1楽章★
★第3楽章★
★第4楽章★
コンセルトヘボウ室内オーケストラ
(グーグルマップ)

ストリートビュー

………
★オペラ「魔笛」より
俺は鳥刺し★

「魔笛」のあらすじと解説
………
★オペラ「魔笛」より
夜の女王のアリア★

………
★オペラ「魔笛」より
パパゲーノとパミーナの二重唱★

………
★モーツアルトが倒れる場面★
★恋人か女房がいれば★
酒ですっかり体を悪くしたモーツァルトだったが、大衆オペラ「魔笛」を完成させた。しかし上演の最中に倒れてしまう。観に来ていたサリエリはモーツァルトを彼の部屋まで運び介抱する。そこへドアをノックする音が響く。モーツァルトは死神が来たと思いサリエリにギャラを追加させて追い返せと頼む。それは「魔笛」上演の売上金を持って見舞いに来た友人たちだったのだが、サリエリはその売上金を死神の追加報酬だとして「今、黒い服を着た使者が来た。翌朝までにレクイエムを完成させれば、さらに大金を支払うそうだ」とモーツァルトに伝えるのだった。
もうすでに起きあがることのできないモーツァルトは、サリエリにレクイエムの口述筆記を依頼する。モーツァルトの口ずさむレクイエムを必死に写譜するサリエリ。あまりのスピードと突飛な楽想に、常識的な才能の彼はついて行けない。それでもやがて、モーツァルトのインスピレーションがサリエリに伝わり、サリエリも憑かれたようにレクイエムを筆写していく。
夜明けになり、モーツァルトが「少し休もう」とサリエリに伝える。「まだ大丈夫だ。手伝えるよ」というサリエリに、モーツァルトは「自分はバカだった。あんたに嫌われてると思っていた。許してくれ」と途切れがちに謝るのだった。やがて湯治に行っていたコンスタンツェが帰宅。ベッドに横たわり死相の出ている主人の顔を見るや、レクイエムの作曲をやめさせ、サリエリを部屋から追い出そうとする。しかし、サリエリは、モーツァルトの意思を尊重しようとする。コンスタンツェは涙ながらにモーツァルトに悪い妻だったことを詫びるが、すでにモーツァルトは事切れていた。
………
悲しみの雨が降る中、コンスタンツェ、サリエリ、ロールなど、わずかの人に見送られ葬儀が行われる。モーツァルトの遺体を積んだ馬車は郊外の共同墓地に着くと、その遺体はまるでごみのように墓穴に投げ捨てられるのであった。

この記事から引用
………
★物語の終り★
………
★ピアノ協奏曲 第20番 第2楽章★
映画のエンドロールに流れる曲
ヴァレンティーナ・リシッツァ

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………
………

モーツァルトゆかりの地を訪ねる
………
ザルツブルク(グーグルマップ)
ザルツブルク大聖堂
………
★ザルツブルグ旅行ガイド★

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

2019年6月24日以前にアップした記事へ