ブログ製作日誌

ブログ製作日誌の目次へ
………
「21世紀人的思考」+「我輩は日本人である」
総合目次へ
(編集作業中)

 

 

現在の日本が置かれている
国際的な状況(その1)

2019年8月19日(月) 午後4時10分
………
………
(目次)
………
近日中に公開する予定の記事
について

………
………
………background music………
&
………background Performance………

………
今は昔?
外国語が分からない日本人の勘違い

………
旅立てジャック
………
Comme d’habitude(いつものように)

「マイ・ウエイ」の原曲
………
ウィ・アー・オール・アローン

 

 

 

 

 

近日中に公開する予定の記事
について

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

人は誰でも自分や家族の未来を考えながら
夢と希望を持って生活している。

子供は子供なりの夢と希望を、

大人は大人の現実的な夢と希望を抱いて
日々の生活を営んでいる。
 

 

人は誰でも
上記した自分の夢と希望を現実のもの
とする為の戦略を抱いて生活している。
 

意識する、しない、は別として
人は誰でも、
自身が求める望ましい未来に向うべき戦略
を持ち、
その戦略に沿って生活している。

子供は子供なりに、大人は大人なりに、
………。
 

 

様々な人々と様々な形で接触する時、
それらの人々の未来に向っている姿勢や
人生観や、
それに基づく人生設計や生きる戦略
私は自然に感じ取っていて

それについて考える事が
面白くて仕方ないし興味が尽きない。
 

 

いろんな人がいる。

………ああ、この人はこういう未来観や
人生観を持って
こういう人生設計や生きる戦略の元に
毎日を送っているんだなあ、……と思う。
 

 

自分が接する様々な人々の未来観や人生観
や、
それに基づく人生設計や生きる戦略
については

過去の人生経験から私が考え出した
幾つかのパターンに分類し

それぞれの人が抱いている様々な戦略
に対して
自分なりに様々な対応方法を工夫する。
 

………まあ、

意識するしないは別として、
こんな事は誰だってやっている事だ
けれど、………。
 

 

出会った人が持っている戦略について
一通りの考察を終えると、
その人に対する私の興味や感情は
一段落する。
 

ああ、この人はこういう人なんだな、
こういう未来観や人生観を持っていて
それに基づく
こういうパターンの人生設計や生きる戦略
に従って生きている人なのであって、

現在は、その人生設計や生きる戦略の中の
こういう段階にいるんだなあ、………
等という納得の感情が自然に生ずる。
 

 

納得の感情が生じた後は
その人に対する様々な感情は消え失せて
淡々とクールに対応を続ける事が出来る
ようになる。
 

 

その種の納得が生ずるまでの時間は
相手によって様々だ。

ほとんど瞬間的に分かった理解した、……
納得できてしまう人もいるし、
なかなか底が見えてこない人もいる。
 

 

ところで、………

上記した人間観察と
それに基づく理解や納得のしかたは
国や企業等の組織についてもあてはまる。
 

最近の私は
韓国に対する尽きない興味や根深い怒りや
嫌悪の感情を抑える事が出来ない状態
が続いて苦労していた。

どうしても韓国、
特に文政権に対する納得の感情が
生じてこなかったのだ。
 

慰安婦問題を始めとして度重なる
文政権の日本に対する新しい言動を
知る度に

湧き上がってくる韓国、
特に文政権に対する根深い怒りや
嫌悪の感情を消化する事ができない
苦しい心の状態。
 

長い間続いてきたその苦しい心の状態も

今月、8月2日に日本政府の
★韓国に対するホワイト国除外決定★
知った時に

それまでの
根深い怒りや嫌悪の感情の根本的な部分は
雲散霧消して

その後は韓国および文政権に対する
純粋の興味だけが続いていたのだけれど、

その「尽きない興味」も最近になって
ようやく行き着くところまで行き着いて
現在は「心静かな納得の状態にある。
 

 

ああ、
韓国という国はこういう国なんだな、

文政権は、
こういう未来観や世界観を持っていて
それに基づく
こういうパターンの国家戦略
に従って外交を行っているのであって、

現在は、その国家戦略の中の
こういう段階にいるんだなあ、………

という納得の感情が自然に生じている。
 

………その意味で

2017年以来
2年以上に渡って味わわされてきた
非常に不愉快な体験も

今となっては

韓国という国の本音の行動を通じて

これまでは
深く知る事も考える事もなかった
現在の日本が置かれている国際的な立場
に対する冷静な理解を得る為に

天から与えられた
絶好のチャンスだったのだ、………と

現在の私は深く納得している
のである。

……………………………………………………
………以上………
………
上記した
韓国に対する「心静かな納得」の状態
については、
………
そこに至るまでの様々な思考過程を含めて
多くの日本の人々に対して
それなりの意味と価値があるはずだ、
と思うので、
………
近い内に
このブログに於ける最初の一般投稿として
公開するつもりなのだけれど、………

………
特に現在の読者の方々には
その重い意味を実感して頂くべく、
………
「親日国と反日国」という仮題をつけたまま
これまでに私が資料として収集した
多数の動画や記事のうち
最初に紹介する予定のものの一部分の
リンク情報をアップしてみた

………
………
様々な縁に導かれて
現在この日誌を読んでいらっしゃる方なら
私がくだくだしい説明を付け加えなくても
これら少数の資料を軽く視聴したり
一読なさるだけでも
予定している記事シリーズを通じて
私がお伝えしようとしている現実に関わる
「事の重大性」を感じ取って下さる
に違いない事を確信している。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

………background music………
&
………background Performance………

………
今は昔?
英語が分からない日本人の勘違い

旅立てジャック

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

レイ・チャールズのイギリス最初のヒット曲
解説(英語版Wikipedia)……「Hit the Road」の意味
この曲と阿久悠の関わり
この曲がヒットしたのは↓こんな時代
★1961年の日本★……★1961年の東京★……★1961年の渋谷★
★上を向いて歩こう★……1961年ヒット曲

………
解説と英日対訳歌詞
………
………
★Ray Charles★
レイ・チャールズ……★I Can’t Stop Loving You★
………
★トム・ジョーンズと彼のチーム★
トム・ジョーンズについて
………
★ブロークン・ピーチ★
ホームページ
………
★路上のサックス演奏★
★ロンドンのポートベローマーケット★
………
★ヘレ・ラスムッセン(デンマーク)★
………
★アゼルバイジャンの音楽プロジェクト★
外務省基礎情報(アゼルバイジャン)……グーグルマップ
ストリートビュー……観光の見どころ特集
画像検索結果……アゼルバイジャン美人
★アゼルバイジャンに行ってみた★

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

………
今は昔?
フランス語が分からない日本人の勘違い

Comme d’habitude(いつものように)
(「マイ・ウエイ」の原曲)

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………
解説と歌詞と和訳
………
★Comme d’habitude(訳詞付)★

………
★ミシェル・サルドゥー★……Michel Sardou
………
★エンフォワール★……Enfoires
………
★Madrigal Singers★……マドリガルシンガーズ(フィリピン)
………
………
マイ・ウェイ
(ポールアンカの歌詞)

………
解説(Wikipedia)
………
★ポールアンカ★……Paul Anka(Wikipedia)
………
★フランク・シナトラ★……Frank Sinatra
………
★シャーリー・バッシー★……Shirley Bassey
………
★布施明★……布施明(Wikipedia)
布施明は実はハーフ?

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

………
今は昔?
英語が分からない日本人の勘違い?

ウィ・アー・オール・アローン

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………
解説(Wikipedia)
………
★We re all alone 訳詞付★
………
★泣きたい時に・・・★……英日対訳歌詞

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

2019年8月12日以前にアップした記事へ