各論 9

 
…使用ページ テスト

 

黒い瞳(ロシア歌曲)
ハリー・ボルカー チャンネル

………

…A-11…
経済活動を通じて
地方から個人が切り開く日本の未来!
というテーマを卒業して
(超短文)

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 
….記事 A12 

今は9月17日の午後9時40分。

前回の記事を読み返してみて

改めて、

8月10日から一ヶ月以上、
5週間に渡って書き続けてきたこのテーマ
ようやく結論を向かえる事ができている事
を再確認しながら

心の底からホッとしている。
 

 

経済活動を通じて
地方から個人が切り開く日本の未来!

 

このテーマは今までの私が
どうしても乗り越えなければならなかった
心理的な課題であり重圧だった。
 

 

読者の皆さんが
どのように感じていらっしゃるのか、
今の私には良く分からない。

しかし、

少なくとも現在の私は
このテーマを卒業できるだろう……という
見通しを実感している。
 

 

身勝手な言い分である事は承知している。

しかし、

これが今現在の自分の限界なのだ、と思う。
 

自分自身がよく分かっていない事柄に
向って
ギリギリの努力を続けてきたのが
これまでの私だったのだから、………
 

 

大切なのは
これから先の努力だ、と考えている。
 

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


アランフェス協奏曲 第二楽章
ステファン・ハウザー……PetritCeku
………

…A-12…
来月(10月)の26日までの5週間
記事の更新をお休みさせて頂く件

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

こういう事情によって命拾いをした私は
このブログを2017年の6月から
書き続けて来ている。

書き始めた時の動機はこういう事だった。
 

そして
今は2020年9月21日の午後9時半。

あれから3年以上の日にちが経過した今も
あの時の気持ちは変わっていない。

しかし、
当時の私と現在の私は
どこかが変化してしている。
 

あの頃の私は
自分でもハッキリとは分かっていない
抽象的で主観的な思考の世界に
のめりこんでいたのだ、と思う。

こういう考え方に基づいたこういう提案
についても
それが言える。

あの頃の私は
自分でもハッキリとは分かっていない
抽象的で主観的な思考の世界に
のめりこんでいたのだ、と思う。
 

………だから、
或る意味では

書いている自分自身が
ハッキリと把握できていない考え方を
自分にとってハッキリしたものにする為に
書き続けてきたのが
このブログだったのだ、………という事も
言える。
 

その辺りの事情が変化してきた、………
………という事が

このブログを3年以上に渡って書き続けて
得られた成果の一つなのだ、と思う。
 

今の私は
これまでハッキリと分かっていなかった
様々な事柄が
或る程度までハッキリと見えるように
なってなってきている、………
………ような感じがしている。

そして、
今まで抽象的な思考の対象だった
こういう考え方に基づいたこういう提案
現実化する為の具体的な方法に
強い興味を抱くようになって来ている。
 

………例えば

現在の日本に於いて古い世代の人々は
相変わらず新聞やテレビを情報源とした
生活をつづけているけれど、

それらの人々に
新聞やテレビに代わるべき情報源としての
パソコンやスマホを
どうやったら普及していく事ができるか?

………という問題に対する答えとして
最近の私が考え付いて試しているのは
10インチのタブレットを
新聞やテレビの代わりとする方法だ。
 

コロナ助成金のおかげで現在の私は
或る程度の資金に余裕があるのだけれど、
生活保護受給者は一定額以上の貯金を
許されていない
ので
余っているお金(と言っても10万円程度)は
使い切ってしまわなければならない。

………という事情もあったりして、

半月ほど前にこの製品を購入して
色々な実験を試みている内に
タブレットの可能性を実感するように
なっている。
 

………という事で
新しく浮かんできたアイデアを試す為に
この製品この製品等を昨日発注して
それらが到着次第
様々な実験を試みるつもりでいる。
 

上記した2つの製品で試してみたいのは

「Bluetooth」を使って外部スピーカーと
組み合わせた10インチタブレットが
古い世代の人々にとってのテレビや新聞に
代わる情報源になり得る可能性、について。

 

これ以外にも実験してみたい事は
幾つもある。
 

………
…………………………………………………
………というような次第で、

現在の私は上記したような多数の実験を
行う必要性を強く感じているし、

そういう実験を行いながら
心の深い部分で
今まで集中していた抽象的な思考の限界を
越える新しい概念を追求したい、

という気持ちも芽生え始めている。
 

…………………………………………………
………以上、

こんなところが

来月(10月)の26日までの5週間
記事の更新をお休みさせて頂こう

と決心するに至った私の事情です。
 

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


….記事 A13  使用ページhttp://souzou.net/wp-4/?page_id=6624#A-13 テストページ 

風のささやき
ハリー・ボルカー チャンネル(オランダ)
………

…A-13…
長期休暇途中の経過報告

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今回の記事全体の目次
………
激しく変化していく世界情勢下の日本
に生きる私達

………
変化にどう順応するか、という事より

変化をどう予測し、どうリードしていくか
という事を考えるべき時代

………
現在の私が準備している事
 

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 


激しく変化して行く世界情勢下の日本
に生きる私達

記事全体の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今は2020年11月2日の午後2時8分。

昨日行われた「大阪都構想」に対する
市民投票は否決という結果に終わった
との事だ。

ひょっとしたら、日本が大きく変化する
きっかけになるかもしれないと
興味を持って注目していたのだけれど、
まだ今は
その時が来ていないのだ、と思う。
 

そんな日本の状況を余所に
世界は歴史的な変化の時節に突入し
つつある。

明日はアメリカ大統領選挙。

トランプが勝ってもバイデンが勝っても
それなりに
世界の情勢は大きく変化していく他はない。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 


変化にどう順応するか、という事より
変化をどう予測し、どうリードしていくか
という事を考えるべき時代

記事全体の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

一週間前、今回の記事の予告をした際に
アップした自分の動画
に対する視聴回数を
見ながら感じた事、考えさせられた事、

更に言えば予感した事がある。
 

極端な表現になってしまって恐縮なのだが、

これからは
個人が世界や国家や地域の変化に
順応するのではなく
逆に
個人が地域や国家や世界の変化を
リードする時代になっていくのだろう。

 

私のような人間の極端な主張に対してさえ
耳を傾けて下さる人々が
10人以上いらっしゃる、という事実を
どう受け止めるべきなのか?

について考えた末に上記のような予感が
心に浮かんできた。
 

もちろん以前にも申し上げたように
このブログを御覧になっている人々の動機は
様々だろう。

その事を承知の上で再び先ほどの言葉を
更に強めて繰り返させて頂きたい。
 

これからは
個人が世界や国家や地域の変化に
順応するのではなく
逆に
個人が地域や国家や世界の変化を
リードする時代になっていくはずだ、

 

………と。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 


現在の私が準備している事

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今は2020年11月2日の午後6時48分。
 

実は先ほど申し上げた事柄、

つまり

これからは
個人が世界や国家や地域の変化に
順応するのではなく
逆に
個人が地域や国家や世界の変化を
リードする時代になっていくはずだ、

 

という予感を現実のものとする為に
現在の私は様々な準備をしていて、

それらの準備の内容を今日の記事で詳しく
お話するつもりだったのだけれど、

記事を書こうとしても
どうしても書く気持ちが
湧き上がってこない。
 

今は
言葉よりも現実の成果や実績を示す事が
何よりも大切だ、
……という思いが強いからなのだ、と思う。

けれども、
残念ながら今現在の私は
皆さんに御覧いただける程の
現実の成果や実績を持ち合わせていない。
 

現在の私には
先ほどの言葉を現実化していく上で
自分が準備している様々な事柄を
少しでも完成に近づける
見通しをつける時間が必要なのだ、
………と思う。
 

少し強い言い方をさせて頂くなら、

記事を書く時間とエネルギーがあったら
その時間とエネルギーを
様々な現実的実験の方に回したい。

というのが今の私の正直な実感だ。
 

 

…………………………………………………
………というような次第で、

9月21日以降の5週間に渡って頂いていた
記事更新のお休み期間を
12月7日の月曜日まで
あと5週間延長させて頂きたいと思う。

とりあえず
それだけの期間があれば
或る程度まで皆さんにお見せする事ができる
現実的な実験結果に辿りついて

記事を書く心のゆとりが生まれるかも
しれないので、

よろしくお願いします。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


….記事 A14  使用ページhttp://souzou.net/wp-4/?page_id=6624#A-14 テストページ 

クリスマスの動画
クリスマスソング合唱メドレー
1時間15分の動画
画面下にある「YouTube.comで視聴する」をクリック
(スマホやタブレットは
★ここをタップ★)
YouTubeに移動した後
説明欄の「もっと見る」をクリックで
全部(21曲)の英語タイトルと各曲の開始時間を表示。

………

…A-14…
長期休暇途中の経過報告(2)

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

今回の記事全体の目次
………
はじめに
重大な危機的局面の只中にいる
………かも知れない世界

………
アメリカで
現在進行中の出来事について

 

この項内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 


はじめに
重大な危機的局面の只中にいる
………かも知れない世界

「長期休暇途中の経過報告(2)」の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今は2020年12月7日(月曜日)の午後7時10分。

………
先月の3日に行われた
アメリカの大統領選挙当日以降、

今日まで一ヶ月以上の日々を
私は何とも説明のしようのない心の状態で
過ごして来た。
 

世界は……
人類は………
重大な危機的局面の只中にいる
可能性がある

 

オーバーな言い方に聞こえるかも知れない。

………しかし、

このような深刻な疑念が心と身体の奥底から
湧き上がって、

その疑念を本当の意味で解消できる見通し
を求めてインターネット上の情報を
探し続けて来た、………という所が
この一ヶ月間の私の生活の全てだった。
 

………
例えば、以下のような事を考え続けていた
時期があった。
 

この記事は選挙から3日後のNHKの報道
なのだけれど、………

次の部分に注目して頂きたい


アメリカの主要テレビネットワークは5日、
トランプ大統領が
「選挙で不正が行われている」と主張した
会見の中継を途中で打ち切るという
異例の対応に乗り出しました。
………
このうちNBCテレビの司会者は番組の中で、
「トランプ大統領が
不正な投票が行われているなどと
誤った主張をしているためです。
こうした主張を裏付ける証拠はありません」
と説明しました。
………
ソーシャルメディアでは、
真偽が確認できない情報の拡散を防ぐために
アカウントの凍結や投稿の削除が行われて
いますが、
テレビ局がこうした対応をとるのは
あまり例がなく、
メディアの間では誤った情報が拡散すること
への警戒感が広がっています。

 

NHKに限らず日米の主要メディアは
今回の選挙に対するトランプの主張を
根も葉もない、危険極まりない陰謀論だと
決め付けて、そのような対応を行っている。

つまり、トランプ側から発せられている
一切の情報を報道しないのだ。

いや、それだけではない。
この記事の様な種類の分析を掲載し
自分達報道陣の行動が如何に正しいもの
なのか、という事を
暗に強く主張し続けている。

………
与えられた情報によってしか世界を知る方法
を持たない私達一般人は
その様な彼等の報道や主張を信じるしかない
のだろうか?
 

………確かに以前はそうだった。

けれども現在ではインターネットを通じて
私達一般人も様々な種類の情報を得る事が
できる。

彼等とは全く異なった立場の報道や主張を
調べる事が可能になっている。
 

 

………だから、

主要メディアが報道し主張し続けている
「真実」や「正義」
以外の「真実」や「正義」があるかもしれない、

 

………という観点に立つ私の心の奥底から
湧き上がってくる次の様な深刻な疑念、
つまり、

もしも
主要メディアの見解や主張と真っ向から対立
している
トランプ側の主張が本当の「真実」や「正義」だ
………としたら、………
………
世界は………
人類は………
重大な危機的局面の只中にいる
………
………のかもしれない

 

………という深刻な疑念の当否を検証する事が
私達一般人にも可能かもしれない。
 

 

……………………………………………………
………という様な次第で、

次回からは週一回の追加記事として

この一ヶ月間に上記の疑念から発した
止むに止まれぬ行動の結果
私がインターネット上で知り得た様々な情報
を基に
 

今後の日本!

 
というより


今後の世界!および日本!
の中で生きていかねばならない私自身が
獲得しつつある心の姿勢や
準備しつつある具体的な活動の準備状況

 

に関して報告して行きたいと思う。
 

「長期休暇途中の経過報告(2)」の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)