21世紀人的思考とは? (コラム)

2020年4月6日(月) 午後2時15分
………

「美しく青きドナウ」 解説……アンドレ・リュー
………

………
都合によりページの更新を
明日(4月7日火曜日)の午後5時頃に
変更させて頂きます


………

21世紀人的思考とは?
総合目次
………
第2部
21世紀人的仮想叙事詩
日本「大転換」
………
「序章」~「第1章」

…………………………………………………

………

目次

………

序章
本題に入る前に
………
………
第1章
日本の近未来を創造する民衆
が創造する文学 … (1)

…………第1節…
………21世紀人的仮想叙事詩とは何か?
………
…………第2節…
……… 21世紀人的仮想叙事詩とは何か?

…第1項…
「創造」という営為の対象
としての
「21世紀人的仮想叙事詩」

………
…第2項…
「創造」を可能にする3つの条件
(基礎資料)
飛行機や自転車の創造を可能にした
3つの条件

求めよ、さらば与えられん
………
多くの人々が空を飛ぶ夢に
熱中していた古き良き時代

………
精密な理論と着実な計画
………

コラム
コラムについて

………
コラム
アクセス稼ぎを狙わないブログ記事

………
コラム
「三丁目の夕日の世界」と
「ユーチューブの世界」と
「21世紀人的仮想叙事詩」と日本の未来

………
コラム
「21世紀人的仮想叙事詩」と
「日本の未来」と「世界の未来」

………
緊急臨時コラム
今後の日本および世界の状況と
「21世紀人的仮想叙事詩」
(基礎情報)

………
緊急臨時コラム
現在の日本および日本政府に対する
私の実感的な判断

………
…………………………………………………
以下の記事は
4月7日(木曜日)以降にアップする予定

………
緊急臨時コラム
近未来の日本に対する私の夢と希望
(主張の基本的な根拠)

………
緊急臨時コラム
近未来の日本に対する私の夢と希望
(現実化への基本的なプラン)

………
…第3項…
「創造」を可能にする3つの条件
(まとめ)
「21世紀人的仮想叙事詩」の創造
に必要な3つの条件

心理的要因……………………………
………
試行錯誤………………………………
………
科学的アプローチ…………………
………
………

第1章
日本の近未来を創造する民衆
が創造する文学 … (1)

総括(まとめ)
………
「21世紀人的仮想叙事詩」への
出発点・手がかり

 

 

 

 

 

 

 

映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」テーマ曲
………

コラム
コラムについて

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

コラムとは何か?

………については次の記事を御覧頂きたい。

簡単な説明………詳しい説明
 

 

現在の私は

21世紀人的思考とは?
という記事シリーズの
………
第2部
21世紀人的仮想叙事詩
日本「大転換」
………

………
第1章
日本の近未来を創造する民衆
が創造する文学 … (1)

………という記事を書いている
つもりでいる。
 

しかし、

時によって記事全体の流れとは
直接的に関係しないお話を
余談として入れる必要を感じる事がある。
 

 

…………………………………………………
………というような次第で、

これ以降の記事の中に時々現れる「コラム」

そんな感じでお読み頂けたら、……と思う。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

映画「深く静かに潜行せよ」

コラム
アクセス稼ぎを狙わないブログ記事

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

このコラム内の目次
………
…A…
アクセス稼ぎを狙わないブログ記事
………
…B…
現在の私の生活の実態
………
…C…
来るべき時に備えて

 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

機密の塊 原子力潜水艦の内部

…A…
アクセス稼ぎを狙わないブログ記事

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

「ブログ アクセス増加」というキーワードで
検索すればこんな感じ
こういう種類の情報は幾らでも得られる。

しかし、今現在の私は
そういう種類の努力や試みをするつもりは
一切ない。
 

理由は色々あるけれど、最も大きいのは

そんな事をする前に
もっと深い部分から戦略を練る時間が必要
だし、
様々な意味での準備期間が必要だ
……………という事だ。

まだ、行動の時ではない、と思っている。
 

 

直接的な指示は「深く静かに潜行せよ」
 

隠密に行動している潜水艦に対して
政府が発した指令

………といったところ。
 

………
「2ちゃんねる」には下げ進行というルールが
あるという。

このブログも
当分の間はそんな感じでやっていこうと
考えているけれど、

「その時」が来たら
全力で猛烈なアタックを開始する事になる

………はずだ。
 

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 


…B…
現在の私の生活の実態

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

既にお話したように
2週間前の2月20日頃から私はこんな事
考えている。
 

ここで問題になるのは以下の部分だ。
 

……………………………………………
………
まず最初に私が導入部を描く。
………
………それに対してコメントを寄せる人が
現れる。
………
最初は一人でもよい。
………
………
うまく行けばコメントを寄せる人が
少しずつ増えていく。
………
最初はコメントだけを寄せていた人々が
それぞれ自分のブログを開設し
やがて「Youtube」に動画をアップし始める。
………
………
それらの人々が連合して創り出す作品
としての21世紀人的仮想叙事詩
日本「大転換」
が少しずつ形成されていく。
………
………………………………………………

 

この考えを現実化する為に今の私は考え
続けている。

考える為にブログを書き続けている。
 

………これは予想外に心と身体と頭脳を
消耗させる作業だった。
 

下の写真を御覧頂きたい。
 


← 左は今年の1月24日に
撮影した我が家の台所で

 

右は本日の状態。
 

……こんなところが現在の生活の実態だ。
 

 

現在の私は
このブログの中身を一歩一歩と前進させる
為に
自分が持っている体力と気力の全てを
日毎に使い果たしている感じがする。
 

御覧頂いている程度の量と質の文章を
週に2回書くだけなのだけれど、

それでも
一回の記事を書き終えてアップした後は

今までに経験した事のない
頭と身体の芯からの疲れに包まれて
只々眠り続ける他なかったりする。
 

その事が苦しい、という訳ではない。

むしろ快感の中に居る、………というのが
ピッタリな実感だ。

本当に苦しく危険だった時期は
既に過ぎ去っているからだ、と思う。

しかし徹底的に疲れる事に変わりはない。
 

歳のせいなのかも知れないし

今までに体験した事のない未知の領域に
自分の思考が入り込んできたから………
なのかも知れない、

………と思ったりもしている。
 

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 


………

…C…
来るべき時に備えて

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

前節で御覧頂いたこんな事に続いて
私はこんな事も言っている。

これらの考えを本当に本気で現実化しよう
としたら、
正常な精神状態ではいられないのは当然
といえば当然なのかも知れない。
 

 

…………………………………………………
………以上、

こんな事を考えたり書いたりしている内に
今は2020年3月5日の午後2時38分。

そろそろ記事をアップしなければならない
時間が迫ってきている。

既に頭の中には
上記したプロジェクトの全体的なイメージが
出来上がっているのだけれど、

既に申し上げたように
その詳細を表現するのは
現在の私にとって至難の業であり
猛烈に心と身体と頭を酷使する作業である
ようだ。

多分、………というより絶対に

今の私は
現在の自分の器を遥かに越えた目的に
向って非常識な努力を続けているに
違いない。
 

 

しかし、
私には過去からの蓄積がある。

非常識な目的に向って非常識な努力を
続ける為のノウハウを私は持っている。
 

それが現在の方法だ。

現在の私の生活それ自体が
そのノウハウなのだ。

既に御覧頂いた台所の状態も
そのノウハウの一端だと言える。
 

 

…………………………………………………
………というような次第で、

現在は現在として

自分が抱え込んでいる既述のプロジェクト
について

現在の私が表現できる限りの
具体的な計画、……と言うか戦略を

以下から
アップまでの残された時間を使って
表現してみたいと思う。
 

…………………………………………………

 

さて、

このプロジェクトを推進するについては
多方面に渡る
極めて高度で複雑な戦略を練らなければ
ならないのだけれど、

今現在の限られた時間内で
一つだけお伝えする事が出来そうな戦略が
ある。

このプロジェクトに参加してもらう人材の
確保に関する戦略だ。
 

この点については以前から
インターネット上、特にユーチューブ上に
「これは!」と目をつけている人が数多く
存在している。

その中から二人の人物を選んで
御紹介してみたい。
 

どうやったら
このプロジェクトに彼等の参入を願えるか
については

現在の私が考えている戦略があり、
その戦略が現在の「この記事」
つまり「21世紀人的仮想叙事詩」の内容に
大きく関わっている。
 

それ故に

このプロジェクトに参加してもらう人材の
確保に関する戦略に関する私の戦略を
説明するにあたっては

まず最初に

前述した二人の人物が
ユーチューブにアップしている
次の動画
および関連資料を御覧頂く事から
始めようと思う。
 

★高橋ダン★
………
★インタビュー動画★
………
★インタビュー動画2★
………
高橋ダン 公式ウエブサイト
………
所属事務所の紹介記事
………
所属事務所のHP
………
…………………………
………
★宇都宮隆二★……Wikipediaの記事
………
★ベンチャー企業に入社して★
………
★外資系企業で2年連続世界一★
………
★外資系企業を辞めた理由★
………
★平成で終わった産業から学べること★

 

………どうやら
高嶺の花狙いが昔から染み付いた私の性癖
のようなのだけれど、………

はてさて、
これからどうしたらよいものか?

…………………………………………………
………と、

ここまで書いて
今は2020年3月5日の午後4時45分。

記事をアップする予定の時間が迫りつつ
あるので、

この続きは次回、
3月9日の午後5時頃までにアップする記事を
御覧頂く、………という事で

今回は失礼させて頂こうと思う。
 

このコラム内の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)