2019年1月27日以降にアップした日誌へ

2020年1月20日(月) 午後5時15分

 

 

…………………………………………………
………

21世紀人的思考とは?
総合目次
………
第1部
このブログの目的
…………………………………………………
………
………
第9章
今の私は何故ここにいるのだろう?

………
目次
………
第1節
或る深い実感について
………
第2節
親の呪縛から逃れられずに
大真面目に生きて来た無能な私

………
………
………
………background music………
&
………background Performance………

………
映画「七人の侍」
 

 

 

 

 

第1節
或る深い実感について

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今は2020年1月20日(月)の午前8時40分。

気管支炎は80%程度回復していて
慢性気管支炎へ移行する心配はなさそうだ。

Windws10への移行の方は進まずに
この記事も今までと同じWindws7パソコン
を使って書いている。
 

………
ところで、

今回はこのブログの目的と題した
記事シリーズの最終回を書くつもりだった
のだけれど、

前回と同じような感じで

何となく気が進まないまま
書くつもりだった事とは別の事を考え続けて
今日まで来てしまった

………というのが現在の私の状況だ。
 

 

今の私は

「創造ネット計画」というプロジェクトを
立ち上げ、
それを発展・展開させる事によって
………
「日本の未来を切り開こう!」

 

………などという

とんでもない企てを現実化させよう、……
と本気で身構えているのだから、

やはり自分の心と身体にかかる負担
つまりストレスは非常に巨大なものに
ならざるを得ず、

そのストレスが

今まで17年間も風邪ひとつひいた事もなく
熱を出した事もない自分が

ここへ来て思いもよらず風邪をこじらせて
気管支炎にまでなった原因なのだし

そういう状態は
多少は改善されながらも現在まで続いて
いるに違いない。

………と考えている。
 

………
そのような心身の状態の中で

前回の記事をアップした後、
考え始めたのは

何故か今から3年と少し前、

2016年12月から始めた就職活動に続いて
自分の身に起こった一連の出来事の
詳細な状況や事情だった。

………それを考えているうちに

自分が
そういう状況に陥った理由や原因について
……という事への疑問や興味から始まって

更にずっと以前からの自分の事を
考えずにはいられなくなってしまって
現在に到っている。
 

………要するに

自分は何故ここにいるのだろう?

 

………というのが
最近までの私が抱き続けていた疑問だった
のだ、
………と思う。
 

 

そういう疑問の答えを求める為に

今まで自分が書き進めてきたブログの記事を
かなり徹底的に読み返してみたり、

生まれてから今までの
主として両親との関わりについて
改めて徹底的に考え直してみたりした結果

現在の私が辿りついている結論としての
或る深い実感がある。
 

社会の現実に対しても
社会的な人間関係に対しても
生まれ育ててくれた両親に対しても
………
自分は
ずいぶん幼稚な認識しか持っていなかった
にも関わらず
………
ずいぶん恵まれた人間
だったんだなあ………!

 

………というのが現在の私の実感だ。
 

その実感の上に立って

「ああ、あの時は
………
良い意味でも悪い意味でも
………
あんな事を考えて
あんな風に行動していたんだなあ!」

 

………という辺りの事情が
現在の自分には
朧げながら見えて来始めている

………ように感じられるているのが
今日この頃の私の心境だ。
 

 

…………………………………………………
………というような次第で

これから何回かの記事に渡って

最近の私が読み返した
自分のブログの過去記事を巡って

その内容に対して
今現在の私が考えている事、
感じている事を
かなり突っ込んで表現してみたいと思う。
 

「創造ネット計画」というプロジェクトを
立ち上げ、
それを発展・展開させる事によって
………
「日本の未来を切り開こう!」

 

………などという

とんでもない企てを現実化させよう、……
と身構えている自分の足場を固める為に。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

第2節
親の呪縛から逃れられずに
大真面目に生きて来た無能な私

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

今は今は2020年1月20日(月)の午後4時18分。

前節を書き終えて一休みするつもりで
横になったら眠り込んでしまって
目が覚めたらこんな時間になっていた。

この記事をアップする予定の時刻まで
あと僅か。
 

既に申し上げているように
このブログで
これから何回かに渡って書こうと思っている
内容は決まっているのだけれど、

今回の記事で書ける事の量は
非常に限られてしまった。
 

今後の本格的な活動開始を前にして
今の私は
やはり大きな迷いの中にいるのだと思う。

それ故に

或る意味では、こうなる事を意図して
寝床の中で時間を過ごしてきた
ような気さえしている。
 

 

…………………………………………………
………というような次第で

今回の記事は
この節を

第2節
親の呪縛から逃れられずに
大真面目に生きて来た無能な私

と題した理由と
そのオチを超簡単に述べる事までに
留めて

次回からの話の導入部とさせて頂こう
と思う。
 

 

まず最初にこちらのページを御覧頂きたい。

このページに出てくる65の質問に対する
私の答えはノーが63でイエスが2つほど
だった。

………だから
当然の事ながら総合評価は
あなたの親御さんはとっても健全です♪
だった。
 

それにも関わらず
私が徹底的に親の呪縛から逃れられずに
今日まで大真面目に生きて来こなければ
ならなかったのは何故なのだろう?

………そんなところから次回の記事を
書き始めようと思っている。
 

………その件については
今回の「BGM & BP」として選んだ映画
「七人の侍」が参考になるはずだ。
 

全体で3時間27分に及ぶ
この映画を見た夜に父は死去した。

あと1週間で米寿を迎える日の事だった。

ロマンチストの父らしい最期だった、
と今でも思っている。
 

目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

………background music………
&
………background Performance………

………

映画「七人の侍」

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

………

解説(Wikipedia)
★映画講座1★……★映画講座2★
………
この映画が発表された1954年
★昭和29年(1954年)の回顧★
画像検索………出来事
………
………
………
名場面その他
………
★予告編★……★予告編2★……★相打ち★
………
★名場面1★……★名場面2★……★名場面3★
………
………
★名場面3★……★音楽★……★俳優名鑑★
………
★ザ・サムライ1★……★ザ・サムライ2★
………
………
★侍が登場する映画ランキングTOP10★
………
★三船敏郎の映画★……人物紹介
………
★志村喬(ゴンドラの唄)★……人物紹介
………
ゴンドラの唄/東京混声合唱団

 

background music&background Performanceの目次に戻る
記事の目次に戻る
リンク切れ通知(別ページ)

 

 

 

 

 

 

2020年1月13日にアップした記事へ