2019年以降にアップした記事へ

 

ドン・キホーテの覚え書き(5)
2018年12月31日(月) 午前2時25分
………
………
今後の計画(その4)
過去→現在→未来

 

こちらのページを御覧頂きたい。

「無意識」というキーワードで行った
画像検索の結果である。

私達の意識は、
それだけで独立あるいは
孤立している存在では決してあり得ない。

意識は、その外側にまで広がっている
巨大な氷山にも例えられる心の世界の、
表面部分に過ぎないのだ、
と現代の心理学は主張している。
 

これは何も心理学的な意味での「意識」
だけに言える事ではない。

こういう種類の写真を見る度に
思い知らされる事がある。

写真に写っている人々への心痛む気持ち
と共に
現在の日本という社会の一画に
今、現在
偶然にも生存している自分の幸運を………
 

 

私という個人は
それだけで独立あるいは孤立している存在
では決してあり得ない。

 

「私」は
家族→地域社会→日本国家→世界→人類
→生物世界→地球→太陽系→・・・
………という風に無限に広がっている
巨大な宇宙の、
ほんの一部分に過ぎない。
 

 

…………………………………………………
………・・・・・・

色々と言おうと考えていた事があった
のだけれど、………

ここまで書いたら
これ以上
書く気持ちが消えてしまったので

一つだけ幸せな動画を御紹介して
今年最後の記事を締めくくらせて頂こう。
 

良いお年を!

読者の皆様

………
★予想外の魚が……(1)★
………
★予想外の魚が……(2)★

 

………background music………
………
灯台守(唱歌)
………
灯台(Wikipedia)
曲の解説
………
上記の解説で原曲とされている曲
★It Came Upon A Midnight Clear★
(天使達が澄みきった真夜中に訪れた)
和訳歌詞

………………
………
★NHK東京児童合唱団★
………
★白鳥英美子★
………
★川田正子★
………
………………
………
映画「喜びも悲しみも幾年月」
………
映画「喜びも悲しみも幾年月」の解説
★主題歌(若山彰)★
………
燈台守が護っていた日本で最後の灯台
グーグル航空写真
………
………………
………
島を巡る領土問題
………
竹島
拡大したグーグル航空写真
(ズームアウトすると位置が分かる)

………
竹島に韓国が設置している施設
(グーグル360度ビュー)
………
竹島問題に関する朝日新聞の記事
………
………………
………
現在の日韓関係を象徴する事件
………
★韓国軍艦“レーダー照射★
582件のコメントより

わざと軽い口調にして
緊張をやわらげようとしてるのかな・・・
現場って怖いわ?

………
★これが哨戒機「P-1」★
★純国産哨戒機「P-1」開発物語★
………
★レーダー照射問題(詳しいテレビ報道)★
………
………
………………
………
その他、島を巡る領土問題
………
沖ノ鳥島
グーグルマップ
観測施設の写真

★日本にとって重要な”島”★
コメントが面白い
………
尖閣諸島
グーグルマップ

日本が多数の太平洋の孤島を領有する理由
「アホウドリを追った日本人」

尖閣諸島問題
尖閣諸島は中国領と主張する
京都大学の井上清教授が出版した
「尖閣列島―釣魚諸島の史的解明」を研究。
詳細な研究の結果、
中国には実効支配が無い事を突きとめる。
そしてこの「尖閣諸島問題」のHPを2001年夏、公開する。

………
★外務省が作成した動画★
………
………………
………
南沙諸島
グーグルマップ

………
★国際仲裁裁判所の判決★(2016年)
………
南シナ海人工島に中国の「街」
軍事拠点化へ整備着々
(2018年5月28日)
………
★中国が建設した人工島★
………
★米海軍のP-8哨戒機による偵察飛行★
………
★「いずも」緊迫の海上訓練初公開★
………
★「航行の自由作戦」米海軍★
(2018年11月30日)
………
………………
………
★ドナルドダックの燈台守★

リンク切れ通知(別ページ)

>
………
………

 

 

 

 

ドン・キホーテの覚え書き(4)
2018年12月28日(金) 午後7時40分
………
………
今後の計画(その3)
「志」の問題について(長文)

 

毎度おなじみの例のお題目から
話を始めさせて頂こう。

「創造ネット計画」
………

「大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」
………

大衆(民衆)という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」
………
である。

………という事で

前回は

どうやって
大衆(民衆)
の意識を
日常生活のレベルから変革

………しよう、というのか?
………
どうやって
新しい社会構造を創り出し
それによって日本の未来を切り開き」

どうやって
大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革

………しよう、というのか?

………という観点から
「新しい情報産業の創造」と題した
こちらのページ
第一話「森を見せて金を稼ぐ話」
御覧頂いた。
 

この記事には

「第二話
孫子の兵法(仮題・準備中)
………
「第三話
素材の風味を生かした調理法
(仮題・準備中)」

という2つの記事を追加して

どうやって
大衆(民衆)
の意識を
日常生活のレベルから変革

………しよう、というのか?
………
どうやって
新しい社会構造を創り出し
それによって日本の未来を切り開き」

どうやって
大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革

………しよう、というのか?

………といった種類の
「創造ネット計画」を現実化していく
方法についての
最初の一歩のお話を展開していく予定
なのだけれど、………
 

今回は
上記のお題目、………つまり

「創造ネット計画」
………

大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く
………

大衆(民衆)という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」
………
である。

………の最後の部分で言っている
それによって日本の未来を切り開く
という言葉の意味について
お話したいと思う。
 

 

実を言うと、………というか、

当然ながら、この話は
前回ご紹介した「新しい情報産業の創造」
と題したこちらのページの内容と
深い関わりがある。

「新しい情報産業を創造する事」
「森を見せて金を稼ぐ多数の人々」を
育成する事なしには不可能

………なのだから、………。

………その為には
どうしても多くの人々に

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

を持ってもらう必要があるのだから、………。
 

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

を持たない人々が
日本の未来を語る事なんか
出来るはずがない……のだから、……。
 

逆に言えば、

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

を持っていさえすれば

その人は
何を語っても、何を行っても
自分が考えている
近未来に於ける「新しい情報産業」
創り出す創造者となり得るはず
………である、
………と私は考えているのだが、………
 

………もう一つ、別の言い方で

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

の重要性を例えてみよう。
 

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

を持っている人は

今後の全ての
自分および家族の将来に対する確実な判断
を下す事ができる、………はずである。

自分や家族の投資や就職や結婚
………その他全ての事柄に対して
自分独自の確実な判断を下す事ができる、
………はずである。
 

…………………………………………………
………以上、

私がそう考える理由を述べるには
余りにも長文の解説が必要になるので
敢えて
こんな断定だけを申し上げておく事にして、
………

ここでは、
こういう断定の先にある問題として、

………どうすれば

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

を持つ事ができるのか?

この疑問に対する短い答えを提示して
今回の記事の結論とさせて頂きたい。
 

 

昔、………と言っても
せいぜい5年とか6~7年前の事だが、………………

昔ならいざ知らず
現在の日本という国には
高度に発達した
インターネットの世界が広がっている。

中国のように
極端な情報統制も行われていない、………
という事情もあるけれど、

何よりも日本の人々が恵まれているのは
遥か昔から培われてきた
幅広く奥深い日本語・日本文化の世界を、

いや、それだけではない、
世界中の様々な国の様々な情報を
その気になれば自由自在に探索する
事ができる点である。
 

例えば、

今現在の私が

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

………を持っている等という事は
言えないにしても、

その種の問題に対して
「このブログ」を書き始めてからの
1年間でインターネット世界から得られた
知見
私自身が驚くほど
莫大なものになっている。
 

しかも、この知見は、
これから私が得る事ができるはずの
ほんのちょっとした呼び水に過ぎない。
 

私には縁のない世界かもしれないが
お金というものは
貯まれば貯まるほど雪だるまのように
大きく育っていくそうである。

………それと同様に

知識とか知見というものも
貯まれば貯まるほど雪だるまのように
大きく育っていく事だけは
自分自身の経験として
断言する事ができる。

最初は小さなとか断片のような疑問や
知識であるに過ぎない。

………しかし、

疑問が疑問を呼び
知識が知識を呼ぶ事によって徐々に成長し

或る段階を超えると
それ自身の重みによって幾何級数的
巨大化し始めるのである。
 

…………………………………………………
………というような次第で、

この先の自分に広がっているのは

近い未来に於いて「在るべき日本の姿」
に関する
独自の語るに足る理念や信念

………の世界であるに違いない、………と
私自身は確信している。
 

再び、
…………………………………………………
………というような次第で、

最近の私が出会った興味深い情報の中から
3点だけを御紹介して
今回の記事の結びとさせて頂く事にしよう
と思う。

現在の私にとって、これらの情報は
今後の記事を書く上での最も基本的な材料
である。

料理で言うなら
市場で仕入れてきたばかりのナマの素材
であり、
これらの素材のアクや臭みを
どうやって抜いて
素材の味を引き出した
面白く楽しい記事を作り出す事ができるか、

それが今から始まる私の作業の
努力目標でありポイントであり楽しみ
なのである。


………
★中国のGAFA締め出しと紅いIT企業★
………
★米中戦争の行方と新世界秩序★
………
★朝鮮半島の今後と日本★

 

………background music………
………
お正月
………
★スライドショー★
………
★児童館に集う子供達の歌声★
音楽会リハーサルの様子
★0歳児クラス~★
★3歳児クラス~★
★5歳児クラス★
jidoukan(所在地等は不明)のビデオ映像

………
児童館とは?(Wikipedia)
………
グーグルでの検索結果
………
児童館について(厚生労働省)

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

ドン・キホーテの覚え書き(3)
2018年12月25日(火) 午前7時40分
………
………
今後の計画(その2)
「森を見せて金を稼ぐ多数の人々」
の話

 

以下のお題目真意について
詳細な説明を行おう、というのが
今回の報告の目的である。
 

「大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」
………

大衆(民衆)という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」

 

………という事で、

前回の記事では
上記のお題目に於ける
大衆(民衆)という言葉の意味について
お話した。
 

今回は
その後に続く記述、つまり

大衆(民衆)
………
の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」

についてお話ししたい。

どうやって
大衆(民衆)
の意識を
日常生活のレベルから変革

………しよう、というのか?

どうやって
新しい社会構造を創り出し
それによって日本の未来を切り開」

………こうというのか?
 

まず最初に
昨年(2017年)の2月25日、
こういう状態に陥る直前の私が作成した
こちらのページを御覧頂きたい。

始めの部分で述べている
「創造ネット計画」
先ほどの問いに対する私の答えである。

つまり、

「創造ネット計画」によって
「大衆(民衆)の意識を
日常生活のレベルから変革し
………
「創造ネット計画」によって
新しい社会構造を創り出し
日本の未来を切り開こう

………という訳である。

……こんな事を考え始めたのは何年前
……だったのだろう?
………忘れてしまったけれど、
………今は昔
多分、この「論文」を書いた1994年頃から
こういう夢に取り憑かれ始めたような気がする。

 

…………………………………………………
………という事で、
 

次に、
どうやって「創造ネット計画」を
現実化していくか?

………という話に移りたい。
 

2年前の2月の時点では
上記したこちらのページのような活動を
出発点として
計画を発展・展開させていこう、
と考えていた訳なのだけれど、………

………その後、
既に度々お話している
こんな経験を経た後の
現在に於ける私の考え方を
詳しく説明しよう、………というのが
今回の報告シリーズの意図である。
 

…………………………………………………
………再び
…………………………………………………
………という事で、

「創造ネット計画」の現実化について

今年の6月以降、
「このブログ」を書き続ける事によって
現在の私が辿りついている考え方は

或る種の「情報産業」を出発点
として「創造ネット計画」をスタートさせ
その後の発展・展開を図ろう、………

………というものである。
 

この考え方については
こちらのページを御覧頂きたい。


「森を見せて金を稼ぐ多数の人々」を
育成し、
それらの人々の活動を通じて
「日本の未来を切り開こう!」
という「プロジェクト」であり「計画」

に関する詳細な話の第一回目である。

 

………………以降、次回へと続く。
 

………background music………
………
さやかに星はきらめき
解説
………
O holy night
歌詞(英語)
………
ビング・クロスビー
★Bing Crosby★
………
ジョシュ・グローバン
★Josh Groban★
………
ジェントリ
★GENTRI★
………
マライア・キャリー
★Mariah Carey★
………
………
Cantique de Noel
歌詞(フランス語)
………
ファン・ディエゴ・フローレス
エリーナ・ガランチャ

★ウィーンのクリスマス★
………
ラップランドでの収録
★オランダのボーカルグループ★
………
アンドレア・ボチェッリ
★Andrea Bocelli★
………
2つの児童合唱団
………
スペイン
★Escolania Escorial★
………
イタリア
児童合唱団(ピッコロ・コーロ)とテナー歌手

★Piccolo Coro★
………
………
パイプオルガン・他
ノートルダム大聖堂
アリスティド・カヴァイエ=コル
が作成したパイプオルガン

★フランス★
………
ニューヨーク、パルミラの西部長老教会
のパイプオルガン

★アメリカ★
………
パンフルート
★オランダから★
………
………
………
………
★ドナルドダックのクリスマス★
………
★トムとジェリーのクリスマス★
………
………
………
ワム
★ラストクリスマス(訳詞付)★

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

………

ドン・キホーテの覚え書き(2)
2018年12月22日(土) 12時20分
………
………
今後の計画(その1)
「大衆の反逆」という本について

 

以前にも申し上げたように

この日誌は
「このブログ」を
御覧頂いている(かもしれない)人々
に向けた報告と共に
私自身の備忘録を兼ねて
アップしており、

又、
これを下書きや資料として使い
後に本格的な記事を書く予定もある
のだけれど、………

今回の記事では
色々な事情があって
敢えて思いっきり上から目線に徹した
物言いをしてみたいと思う。

現在の私はこういう状態の人間なので
一般常識的には上から目線で物を言える立場
なんかではありえない、………
とは思うのだが、
………
そんな事を言っていたら
話が一歩も前に進まない。
………
それに
極端に抽象的な思考という面では
自分なりの言い分が
ないこともないので、………
………
ここでは敢えて
これ以上はない、というほど
思いっきり上から目線のお話をさせて頂く
事にした次第である。

 

………………………………………………………
………という訳で

精神的に急成長している最近の私が
長い間
固く封印してきた
或るお題目から話を始めよう。

このお題目の真意について
詳細な説明を行おう、というのが
今回の報告の目的である。

まず最初に以前(今年の10月1日)アップした
上記のお題目から始まる
こちらのページを御覧頂きたい。
 

………………以降、次回へと続く。
 

 

………background music………
………
モルダウ
スメタナの交響詩「我が祖国」より
………
曲の解説と動画
モルダウ川の画像検索結果
………
山奥の小さな流れから始まって
やがて大河に到るという
この曲のイメージにピッタリの

★スライドショー★
………
ブルタバ川(ドイツ語名モルダウ)河畔の
グーグルストリートビュー

★プラハの風景★
………
スロベニア共和国の学生達
★ジュニアオーケストラ★
………
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(会場はコンセルトヘボウ)

★プロのオーケストラ★
………
Iva Slancova
★ドイツのオルガン奏者★
………
ヴァレリーミロ
★カナダのハープ奏者★
………
ウルフ・ホフマン
★ドイツ出身のギター奏者★
………
ケリー・サイモン
★大阪出身のギター奏者★
………
ロバート・ティソ
★イギリスのグラスハープ奏者★
………
Gerhard Gschossmann
イギリスから投稿している
YOUTUBER

★ギター演奏★
………
東京藝術大学音楽学部
★学生2人のピアノデュオ★
………
カーネーション市(アメリカ・ワシントン州)から
アマチュアグループの

★フルート3重奏★
………
私の宝石箱の底には
サンキョミュージックボックス
ムーブメントがあります。
大好きです!!

★曲はモルダウです★
………
シュピール室内合奏団
★小編成吹奏楽★
………
★ブルタバ川モルダウ(ドイツ語)
演奏はBBC交響楽団
………
作詞:岩河三郎
★合唱(歌詞付き)★

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

ドン・キホーテの覚え書き(1)
2018年12月19日(火) 12時57分
………
………
個人・集団・企業・国家・世界・人類・
………に於ける
経済的・物質的・精神的・技術的・文化的
………な「成長」
について

 

………background Performance………
&
………background music………

………
………
敗北が語る日本の弱点(未成熟な部分)
………
………
★ミッドウェー海戦(1942年)★
解説
…↓2年後…
★マリアナ沖海戦(1944年)★
解説(Wikipedia)
………
★沖縄戦(1945年)★
解説
………
★原爆投下★
解説(Wikipedia)
………
…………↓72年後…………
同じ過ちの繰り返し?
………
凋落する日本の家電メーカー
………
生産額は10年で半減
日本の電子産業凋落の真相

………
スマホ「敗戦」に何を学ぶか
………
………
バブル発生から崩壊まで
………
………
ついに失われた30年になった
………
経済敗戦
………
………………………………………………
………
戦争の曲と歌
………
★軍艦行進曲★
………
★同期の桜★
………
★海ゆかば★
かくまでも 醜き国になりたれば
ささげし人の ただに惜しまる
……
石原慎太郎氏が国会で紹介した
90歳超のある戦争未亡人の歌です。
英霊が今の日本を眺めたら、
きっと泣き崩れるでしょう。
……
(動画下欄のコメントより)

………
大伴家持長歌が原詩(上)
大伴家持の長歌が原詩(下)
大伴家持の原歌(Wikipedia)
………
海行カバ水漬くカバね~

………
★戦友★
………
★戦友(島津亜矢)★
この歌を聴くたび
私の大好きだった祖父が涙ぐんでいました。
幼かったのでその意味も解らず
じいちゃんが泣いている
とふざけて歌っていました。
何十年後、
我が家の墓地から少し離れたところに
4つの軍人墓地があり
その一つがおじいちゃんの弟の墓で
日露戦争で亡くなったとのことを聞かされた。
……
(動画下欄のコメントより)

………
★道(ロシア民謡)★
「道」歌詞
………………………………………………
………
★君死にたまふことなかれ★
与謝野晶子の和歌
………
………………………………………………
………
成長=破壊~創造
………
★御前会議~玉音放送に到るまで★
★玉音放送★
………
★降伏★
………
★東京裁判★
解説(Wikipedia)
………
★東條英機(1)★
………
★東條英機(2)7分27秒まで
★締首刑宣告★
………
………
日本の改造
★天皇とマッカーサー★
★日本国憲法★
★教師と生徒★
………
★戦後の東京★
………
冷戦構造が日本にもたらしたもの
★朝鮮戦争★
朝鮮戦争とは?
当時の世界&日本
当時の世相

………
★日本の特需景気★
★朝鮮特需★
朝鮮特需(Wikipedia)

………
………
★10分で見る戦後日本の軌跡★
………
★ニッポン高度成長物語★
★あの日に帰りたい★
………

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

「ドン・キホーテの戦略(4)」
2018年12月16日(金) 午後10時0分
………
………
………
「成長」の意味と具体的内容

前回(12月13日 木曜日)の報告で
私はこんな事を申し上げた。

その時の記述の続きとして
現在の私が考えている
「成長」の意味と具体的内容について
ほんの少しだけお話しておこうと思う。
 

「成長」と一口に言っても、
その言葉が意味している中身は色々だが、

私としては精一杯大風呂敷を広げて

個人・集団・企業・国家・世界・人類・
………に於ける
経済的・物質的・精神的・技術的・文化的
………な「成長」

これら全て含めて
今後の記事を書いて行こうと思っている。

乞うご期待!
 

 

………background Performance………
………
映画「アラビアのロレンス」
………
解説(Wikipedia)
映画製作当時の日本と世界
………
★悲劇の英雄「アラビアのロレンス」★
トーマス・エドワード・ロレンス
当時の日本と世界
イギリス秘密情報部
サン・レモ協定と
赤線協定(石油利権の秘密協定)

………
★パレスチナ問題のはじまり★
………
★町山智浩の映画塾(予習編)★
………
………………………………………………………
………
★タイトルテーマ★
BBCコンサート・オーケストラ
………
★予告編★
………
★当時の資料~映画情報★
………
★(1)ファイサル王子のキャンプへ★
最初にできたアラブ人の親友との旅
ファイサル1世
★アレック・ギネス★

………
★(2)シャリーフ・アリとの出会い★
………
★(3)脱落者の救出★……★(4)族長の説得★
ベドウィン族
………
★(5)アカバへ★……★(6)アカバ襲撃★
アカバ(Wikipedia)
………
★(7)トルコ軍への復讐★……★(8)列車襲撃★
………
………………………………………………………
………
★町山智浩の映画塾(復習編)★
………
………

ドバイ首長国
………
解説(Wikipedia)
………
「ドバイ」の歴史と魅力
………
飛躍を続けるドバイ
………
派手に見えて中身は堅実
(2016年1月)
………
………
ドバイ観光 → 音量注意
★1★……★2★……★3★
★4★……★5★
………
★ドバイ旅行ガイド★
youtube日本語字幕
………
世界一の高層ビル(ブルジュ・ハリファ)
グーグルマップのストリートビュー
………
★ブルジュ・ハリファ★
★148階★……★125階★
………
★アルマーニホテル★
アルマーニホテル
世界一の超高層ブルジュ・ハリファに開業

………
………
エミレーツ航空
解説(Wikipedia)
………
利用体験記
………
★エコノミー・ビジネスクラス★
………
★ファーストクラス★
ファーストクラス体験記
………
往復料金(概略)
エコノミー8万円、ビジネス43万円
ファーストクラス、150~200万円
………程度らしい。

………
エミレーツ航空向け
エアバス380の製造工程

製造拠点(A380はフランストゥールーズ)
………
★構造部品の到着~組み立て~
エンジン取り付け~外部塗装下塗り~★

組み立ての詳しい作業は★こちら★
………
★テスト飛行~
外部仕上げ塗装~内装工場への移送★

………
★内装工場に到着~内装仕上げ~
完成、出荷納品飛行★

内装仕上げの詳しい作業は★こちら★
………
………
ドバイの暗黒面
………
★ドバイの奴隷たち★
華麗な建築物の裏側に潜む暗い影
低賃金労働者の実態

………
広がる「ホワイトカラー不況」
(2018年11月)
………
人口の過半数が移民の国で起きたこと

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

「ドン・キホーテの戦略(3)」
2018年12月13日(木) 午後9時25分
………
………
「成長」という感覚の重要性

 
インターネット上の様々なブログ、
特に個人のブログを見ていて思うのは
同じ場所に停滞していて、成長がない事。

本質的には同じ地点から同じような事を
繰り返し述べているだけ、………。
 

最初に読んだ時に、かなり新鮮で
高いレベルの知性を感じたブログでも

やがて、その底に流れている考え方や
ものの見方が分かってくると
後は同じ内容の繰り返しでしかない事が
見えてきて、
最初の驚きとか感動が薄れてしまう。

書いている人が
同じ地点に留まっているからだ、………
と私は考えている。
 

世界は常に変化し成長し続けている。

特に
後進国は凄まじい勢いで成長を続けている。

………にも関わらず、
日本という国も、大部分の日本人も
同じ地点に安住し続けている。
心の底に訳の分からない漠然とした不安
を感じながら………。
 

………そこのところを何とかしたい。
 

その為にも私は
変化し成長し続けなければならないと思う。

このブログを書き続ける事によって。

このブログと共に。
 

………background music………
&
………background Performance………

………
ハナミズキ(一青窈)
………
解説(Wikipedia)
………
★一青窈★
………
………
………
アメリカ同時多発テロ
解説(Wikipedia)
ワールドトレードセンター

………
2001年9月11日
★(1)★……★(2)★……★(3)★……★(4)★
………
テロとは、何か?
………
………
事件直後~復興
………
★遺体の収容★……★跡片付け★
………
★復興(1)★……★復興(2)★
グーグルマップ・ストリートビュー
………
★メモリアルミュージアム★
………
………
同時多発テロ事件その後
………
解説(Wikipedia)
………
★アフガニスタン紛争★……イラク戦争
………
★アメリカ特殊部隊の戦闘★……★死の谷での激戦★
………
★戦死者への慰霊(現地)★
………
戦死した「Eric Lembke(陸軍SPC)」の帰国
プラントシティ(フロリダ州)
★1★……★2★……★3★……★4★
★5★……★6★……★7★
………
米兵自殺…戦死者を上回るペース
駐留あとわずか、なぜ?

戦争から戻っても自殺が絶えない米復員軍人
アフガニスタン紛争戦死者数

………
★急増する無人機による攻撃★
★元米軍ドローンパイロットの忘れえぬ苦悩★
………
イスラム系戦闘員
★死亡したイスラム国戦闘員の頭部に
備え付けられていたカメラの映像★

★シリア反体制派の素顔★

………
………
ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害
解説(Wikipedia)
………
★殺害までの1週間★
………
★殺害当日の状況(1)★
………
★殺害当日の状況(2)★
………
★事件を伝えるテレビ番組(1)★
………
★事件を伝えるテレビ番組(2)★
………
★殺害後の処置★
インドのニュースチャンネル(ヒンディー語)
解説(Wikipedia)

………
★9.11事件・跡地の現在★
………
………
9.11事件に関する評論(2018年)
………
9・11から17年
あの日を境に世界は変わった…

FNN.jpプライムオンライン
フジテレビ系列のオンラインメディア

………
9・11
米国同時多発テロ事件後の世界を振り返る

東京財団政策研究所(Wikipedia)
………
………
………
ハナミヅキ
………
★ピアノ★……★オカリナ★
………
★ギター★……★男声合唱★
………
★オルゴール★……★エレクトーン★

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

「ドン・キホーテの戦略(2.5)」
2018年12月11日(火) 午後11時50分
………
………
………
報告事項
………

「ごあいさつ」の
………background music………を
「星に願いを」に変更
………
………

前回、12月9日(水)にアップした
………background Performance………
へのリンク追加
(最近、非常に気になっている記事)

………
………

慰安婦・徴用工問題の深層にあるもの
又は
文在寅政権の国家的戦略

避けられない北朝鮮の核保有と
統一に向かう朝鮮半島
(1)……(2)
筆者について(Wikipedia)
SSRI(日本安全保障戦略研究所)について
「株式会社エヌ・エス・アール」について

………
………

アメリカの衰退
中国の勃興および覇権主義に関して
………
(1)
朝鮮半島全域が
「中国の勢力圏内」に収まる日

筆者について(Wikipedia)
………
(2)
中国が仕掛ける台湾人「転向」作戦
人の心の移ろい易さ
筆者→(元CIA諜報員 グレン・カール氏)の
記事一覧

………
………

軍事的な主導権を握る事が
政治情勢を変化させる事例

人の心の移ろい易さ
………
8年目突入のシリア紛争!
終わらぬ戦いの主軸は
「独裁政権+ロシア」VS「反体制派」
【代理戦争】ではない

シリア内戦……筆者について(Wikipedia)
………
………
………
「ごあいさつ」の
………background music………

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

「ドン・キホーテの戦略(2)」
2018年12月9日(水) 午前1時11分
………
記事「ごあいさつ」を改定更新。
………
以下の記事を削除。

「このブログについて」

自治会関連の記事5本

 

ブログ全体としての趣旨や方向性は
変わらないけれど

今後も
姿勢の甘さを感じる記事を削除して

SEO対策
を考慮した新しい記事に
置き換えていく予定。
 

 

………background music………
&
………background Performance………

………
ワルキューレの騎行
リヒャルト・ワーグナー

………
解説
………
★Metropolitan Opera★
メトロポリタン・オペラ
ワルキューレ第3幕の冒頭部分

………
………
………
映画「地獄の黙示録」
………
解説
………
★攻撃ヘリの部隊がベトコンの村を襲撃★
………
ベトナム戦争について
当時の日本(1965年)
(1975年)

………
★映画「ベトナム戦争の真実」予告編★
………
………
ベトナム戦争の詳細な経緯
………
大規模な軍事介入の開始
………
北爆
………
★ソンミ村虐殺記念館★
ソンミ村虐殺事件
………
韓国軍・SEATO連合軍の参戦
………
韓国陸軍による
ビンディン省攻撃と大量虐殺

………
………
日韓関係の今後は?
………
★サンフランシスコの慰安婦像★
★サンフランシスコ市議会の様子★
韓国兵は3回も私を襲った

………
盧武鉉の「生き写し」韓国新大統領
文在寅
盧武鉉不正献金疑惑~自殺

………
日本に背を向ける韓国
………
下落する文在寅大統領の支持率
………
北朝鮮が「ベトナム」に急接近しているワケ
………
………
「ごあいさつ」の
………background music………

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

………

2018年12月5日(水) 午前8時20分
………
「ドン・キホーテの休日(5)」

 

………background Performance………
………
アフリカのダンス
………
★ライオンキング(オープニング)
歌詞(ズールー語)の意味
ライオン・キング (ミュージカル)
Musical Awards Gala(オランダ)

………
★子供達★
………
★ザウリダンス★
ザウリダンスについて
………
★結婚式でダンス★
………
★ダンス教室★
ポイントパーク大学
ペンシルバニア州ピッツバーグ

………
………
アフリカ市場を攻略せよ
亀山敬司(ウィキペディア)
牧浦土雅(インタビュー)

………
死んでも文句言わない
ようなやつだけ、
アフリカに行かせた


面白いおじさんが
「アフリカいいよ~いきなよ~」って言ってたので
「じゃあいきます~」と、
とあるBARで話して決まりました。


長文、
前半はリクルートへの入社~退社までの事情説明。
上記した話は後半にでてくる。

………
………
ルワンダを選んだからこそ、
希少価値につながった

………
海外に行っても帰国前提の日本人。
それでは成功しない

………
アフリカビジネスは
「対政府」にチャンスあり

………
まずは「やる」ことが重要。
「一回だまされてからすべてが始まる」

………
………
★世界の伝統舞踊トップ10★
………
★アフリカ ケニアサファリ旅行★
サークル・オブ・ライフ 歌詞(英語の部分)

リンク切れ通知(別ページ)
………
………

 

 

 

 

………
………

2018年12月2日(日) 午後1時39分
………
前回(11月30日)にアップした記事
への追加と補正

 

この日誌は
「このブログ」を
御覧頂いている(かもしれない)人々
に向けると共に
私自身の備忘録を兼ねて
アップしているのだけれど、………

前回(11月30日)にアップした
報告事項について
少しだけ追加と補正しておきたい。
 

メニューの
「ごあいさつ」と
「このブログについて」を削除


削除したのはメニューだけで
記事本体は削除していない。
………
ごあいさつ……このブログについて
………
………
………background music………

3つ目の動画である
イル・ディーヴォの「アダージオ」
の歌詞について

彼等が歌っているイタリア語の
意味を知らずに
私は前回の記事をアップした。
………
アップした後から調べて
こんな記事を発見して驚いた。
………
自分が何となく予想していた内容とは
或る意味で全く逆の内容だったからである。
歌いかけている相手が全く異なっている。
………
………
これはこれで面白いんじゃないか?
………とも思ったのだけれど、
………
やっぱり違う!………という事で、
………
私が最初に
何となく予想していた路線に合わせた
対訳歌詞を無理くり作成したので
元の動画と合わせて御覧頂きたい。

………
………
アルビノーニのアダージオ
★イル・ディーヴォ★

………
非人情的な伊日対訳歌詞
「平ドン・OZEKI」作……或いは意図的な誤訳
………
………
参考までに

たぶん正解であるらしい対訳歌詞
が記載されている記事

………
私が意図的に誤訳した歌詞が
歌いかけているのは「神」
………
それに対して
本来の歌詞が歌い上げているのは
未だ出会ったことのない
その存在さえ不明な
理想としての女性へのあこがれ
………であるらしい。
………
しばしば葬儀に使われるというこの曲を
恋の歌に変えてしまうとは!
………
さすがは
超のつく現実主義的イタリア(語)文化、………。
なんて底抜けに明るい世界観なんだろう、………と
感じ入った次第である。

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月30日(金) 午後2時43分
………
メニューの
「ごあいさつ」と
「このブログについて」を削除
………
………
………background music………
………
アダージオ(アルビノーニ)
………
解説
………
★Stjepan Hauser★
シュテパンハウザー
ザグレブ
リシンスキコンサートホール

………
★スライドショー★
………
★Il Divo★
イル・ディーヴォ
非人情的な伊日対訳歌詞

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月27日(火) 午後1時18分
………
「ドン・キホーテの休日(4)」
………
………
……background Performance……
&
………background music………

………
生身の人間が
ピーターパンやスーパーマンのように

空を飛ぶ方法
………
ほぼ飛び降り自殺?
………
鳥人へのインタビュー
………
★ウイングスーツジャンプ★
………
★ウイングスーツジャンプ(2)★
………
★ウイングスーツジャンプ(3)★
………
★天門山山頂からのジャンプ★
天門山
中国・天門山でカナダ人男性死亡

………
★雲上人★
読み方と用例(1)………読み方と用例(2)
………
………
トランペット吹きの休日
………
解説
………
★アメリカ陸軍バンド★
………
★陸上自衛隊音楽隊★
………
★海上自衛隊★
………
★オーストリア★
アッパーオーストリア
………
★イタリア★
Auditorium Giorgio Gaber
………
★脱力系楽団(アイルランド)★
………
★手回しオルガン★
………
★サックス八重奏★
メビウス∞サクソフォンアンサンブル

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月25日(日) 午後2時27分
………
「ドン・キホーテの休日(3)」
………
………
………background Performance………
………
ピーターパン
………
解説
………
★空の飛び方★
………
★飛べない人★
………
…………………………………………………
………
★ディズニーのアニメ(1)★
………
★ディズニーのアニメ(2)★
………
★この人も飛べる?★
………

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月23日(金) 午前10時3分
………
「ドン・キホーテの休日(2)」
………
………background music………
………
煙が目にしみる
………
解説
………
英日対訳歌詞
………
『煙が(私の)目にしみる』?
………
★訳詩付き(The Platters)★
The Platters
………
★ENGELBERT HUMPERDINCK★
エンゲルベルト・フンパーディンク
………
★山下達郎★
オフィシャルサイト
………
★Kathryn Grayson★
キャスリン・グレイソン
………
★Marge & Gower Champion★
マージ・チャンピオン夫妻
………
★Fred Astaire & Ginger Rogers★
フレッド・アステア
ジンジャー・ロジャース

………
★Josh Kelley★
ジョッシュ・ケリー
………
★mary burke★
メアリー・バーク
………
★American Graffitti★
映画「アメリカン・グラフィティ」
………
★ピアノ★
………
★エレクトーン★
………
★Arturo Sandoval Piano Trio★
アルトゥーロ・サンドヴァル

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月20日(火) 午後10時48分
………

「ドン・キホーテの戦略」
その一

「このブログ」のアクセス状況を
私は調べた事がない。

………しかし、全く手がかりなしに
闇夜に鉄砲状態で
記事を書いている訳でもない。
 

近隣の知人の中には
「このブログ」を読んでくれている人も
いるようで、………
そういう人は出会った時の感じで
何となく分かる。

その他にも、
暗号文の形で超匿名のコメントを
寄せてくれる人もいたりして………………

そういう人々の「反応」は参考になる。
 

それらの人々に依存するつもりはない。

冷ややかな懐疑的な視線を投げかけてくる
人々の「反応」も
それはそれで大いに参考になる。
 

一番恐れているのは
読んでいる人が一人もいない状態だ。

………アクセスを調べないのは
調べてみたら読者がゼロだった、………
等という場合が怖い、
………というのが最大の理由。
 

……………最悪、そういう場合も想定して
ブログを書いている。

広い日本のどこかに自分の考え方を理解し
それに共感してくれる人がいる事を
信じて………。
 

 

私はこういう目的を持って
「このブログ」を書いている。

その目的を達成する為には
かなりの数の人々に
「このブログ」を書いている私の趣旨を
理解してもらい、
共感してもらう必要があるのだけれど、

………そうなる可能性を私は信じている。
 

 

最初は一人で良い。
それで十分だ。
 

もちろん多いに越した事はないのだが、

「このブログ」を書いている私の趣旨を
「本当の意味で」
理解し共感してくれる人が
一人でもいたら、………それで良い。

いいかげんに何となく理解している人々が
何百人、何千人、何万人いたって
そんな事には何の意味もない。
 

 

………background music………
………
ラ・マラゲーニア
………
簡単な解説とスペイン語の歌詞
………
スペイン語・日本語 対訳歌詞
………
………
★Gaby Moreno★
ガビー・モレノ
グアテマラ共和国

………
★Luis Miguel(少年時代)★
ルイス・ミゲル
メキシコ合衆国

………
★Chingon★
チンゴン
………
★オーディション番組の決戦★
コロンビア共和国
………
★TRIO LOS PANCHOS★
トリオ・ロス・パンチョス
………
★グッチ裕三・モト冬樹★

リンク切れ通知(別ページ)

 


 

 

 

 

 

………

2018年11月18日(日) 午後11時58分
………
「このブログについて」
全面的に書き換えるために小休止中(9)

「このブログの目的」部分の記事を全削除。

近日中に新しい記事をアップする予定。
………
………
………
「ドン・キホーテの休日」

………
「このブログについて」
全面的に書き換える、……という作業は
現在の私にとって
単に言葉の言い換えや記事の書き換え
では済まない問題である。
………
それに伴って
今までの生活を全面的に変革
しなければならない大変な大仕事なので
そこに飛び込む決心がなかなかつかない。
………
………
できる事なら今までの生活の中で
ダラダラとやっていきたいのだけれど、
そういう訳にもいかないし、………………
困ったものである。
………
………という事で
もうしばらくの間は
「ドン・キホーテの休日」
を決め込もうと思う。
………
我ながら最近少し頑張り過ぎたと思うので
とりあえず
あと一ヶ月ほどの間、
「このブログについて」
全面的に書き換える、……という作業は
先延ばしにして
それ以外の毒にも薬にもならない記事を
チンタラチンタラとアップしていこう
と思う。
………
予想より早く
頑張り過ぎの疲れから回復した場合は
意外に早く
「このブログについて」
全面的に書き換える作業に取り掛かれる
かもしれない。
………
………
………
……background Performance……
&
………background music………

………
★アメリカ陸軍空挺部隊★
………
★アメリカ陸軍空挺部隊(2)★
………
★空挺部隊の休日?★
360度動画なので
PCなら★マウスの「ドラッグ」★で、
スマホやタブレットなら★画面の「スワイプ」★
画面を上下左右に動かす事ができる。
………
初めて見る時は、
最初に現れる
画面手前の黒いヘルメットの男性に注目し
このヘルメットを見失わない範囲で
画面を動かす事。
………
………そうすれば
動画で表現されている状況の全体を
理解する事ができる、………はず。

………
★空挺部隊の休日?(2)★
こちらは通常動画
………
………
………
「トランペット吹きの子守唄」
………
ウィキペディアの解説
………
★スライドショー★
………
★Wheaton College Symphonic★
ウィートン大学

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

2018年11月14日(水) 午後9時50分
………
「このブログについて」
全面的に書き換えるために小休止中(8)


このブログの目的以降の部分に関する
深層心理的な準備を完了。
………
遅くとも3~4日後までに
新しく読んでくれるかもしれない人々
に向けた導入記事としての

「このブログについて」
を仕上げてアップした後、
徐々に
新しいブログ活動を本格化させていく予定。

………
………
………
………background Performance………
………
最近知って
ちょっとショックを受けた情報
………
インドの闇を象徴する世界一の彫像
………
約4700億円を投入した巨像プロジェクト!
ガンジー像でない事がショックだった。

★グジャラート州「統一の像」建造CG★
………
★完工記念式典★
………
★完工記念式典(2)★
………
★「世界一」のアピール動画★
………
インド・モディ政権が抱える「時限爆弾」
………
インドの保守政権を牛耳る
ヒンドゥー至上主義者たちの
ねじれた民族主義

………
ヒンズー至上主義によるダリットへの暴力
………
インドのカースト制度
………
ヒンズー至上主義

………
★インドの電車の乗り方★
………
★世界の満員電車★
………
………
インドの舞踊
………
★古典舞踊★
………
★ボリウッド映画★
………
★ボリウッド映画-2★

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

2018年11月12日(月) 午後5時28分
………
「このブログについて」
全面的に書き換えるために
小休止中(7)
………
「大衆」とは
国の政策や進行方向に対して
直接的に関わる手段を持たない人々、
持てない人々、
持とうとしない人々である。

………というフレーズを着想
してから約3日が経過。
その後いろいろあったけれど、
やはり、
この方向で思考を深化していくのがベストだ、
という判断の下に
意識と無意識間の共同作業を進行中。

………
………
………
………background music………
………
最近ちょっと面白いと思っただけの
少し古い動画2つ
コメントも面白い(両方とも)
………
★異邦人(久保田早紀)★
………
★地方人(所ジョージ)★

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月9日(金) 午後4時6分
………
「このブログについて」
全面的に書き換えるために
小休止中(6)
………
「大衆」とは
国の政策や進行方向に対して
直接的に関わる手段を持たない人々、
持てない人々、
持とうとしない人々である。
………というフレーズを着想。
ここから何とかなりそうな予感。

………
………

最近の関心事を調べて得た情報と
それに基づく
個人的な結論としての

……background Performance……
………
………
韓国映画
「風の丘を越えて」(西便制)

………
………
恨(ハン)について
………
ウィキペディアの解説
………
百科事典マイペディアの解説
………
日本の恨(うら)みと
韓国の恨(ハン)との違い

………
朝鮮文化独特の思考様式
『恨(はん)』とは?

………
「恨」VS 「和を以て貴しと為す」
………
韓国の松は「恨」の情緒をはらむ
………
………
パンソリについて
………
ウィキペディアの解説
………
「恨を超えた声」パンソリ
………
国立国楽院中堅名唱
★柳美里イジュウンの完唱パンソリ★

………
………
韓国映画
「風の丘を越えて」(西便制)

………
ウィキペディアの解説
………
★映画レビュー★
………
★映画の終末部分★

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

2018年11月7日(水) 午前10時23分
………
「このブログについて」
全面的に書き換えるために
小休止中(5)
………
現在は
「我輩は日本人である」
というタイトルについて
………
………まで完成。
これから「このブログの目的」以降を
仕上げていく予定。

………
………
………

……background Performance……
&
………background music………

………
わが人生は愛と喜び
(ヨーゼフ・シュトラウス)
………
………
映画「会議は踊る」
解説
この映画が作られたのは
こんな時代のドイツ共和国。
3年後の1934年に
ヒトラー内閣が成立している。

………
………
手袋店の娘クリステルと
ロシア皇帝アレクサンドル1世の
物語

………
★出会い★
最初の1分間だけで十分。
後はお暇な方向け

………
★ロシア皇帝の別荘へ★
これは長いけれど
映画史に残る名場面
………なので
最後まで、…がお勧め

「ただ一度だけ」の歌詞
………
★アマチュアの歌唱★
………
★「ただ一度だけ」ピアノ演奏★
………
★別れ(ラストシーン)★
………
………
世界の大富豪
………
大富豪の生活感覚
………
★世界の富豪ベスト5!★
………
★破産を経験した超金持ち5選!★
………
………
わが人生は愛と喜び
解説
………
★ニューイヤコンサート(ウィーン)★
………
★ウイーン舞踏会オープニング★
………
★ピアノ演奏★
………
★ブラスバンド★
………
………
世界の貧困と飢餓・日本の貧困と飢餓
………
★飢餓人口約9億人★
………
★世界の飢餓★
………
★新宿・親子ホームレス★
………
貧困社会
★生活保護は助けてくれない★
………
………
ビル・ゲイツは
★どうやって9兆も儲けたのか?★
………
「もし1日の生活費が200円になったら?」

★ビル・ゲイツの答え★
………
★7つの予言 by ビル・ゲイツ★

リンク切れ通知(別ページ)

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月4日(水) 午後9時50分
小休止中(4)
………
………
………
……background Performance……
&
………background music………

………
………
母国から捨てられた
元日本人画家の墓
………
★平和の聖母礼拝堂★
★人から分かる3分美術史★
★本人の肉声★
★ド貧乏画家から一流芸術家へ★

………
………
………
「芸術家の生涯」(2)
(ヨハン・シュトラウス2世)

解説
………
★ウィーンフィル(小澤征爾指揮)★
………
★Symphony Orchestra of India★
ジャムシェッド・ブハハ劇場
………
★ピアノ三連弾★
………
★自動ピアノ★
………
★Madeira Mandolin Orchestra★
マデイラマンドリンオーケストラ
………
★台湾の小学生達★
桃園縣婦女館
桃園市

………
………

 

 

 

 

 

2018年11月3日(土) 午後11時30分
………
昨日アップした下記の追加分

「このブログについて」
………
[ 0 ]
「我輩は日本人である」
というタイトルについて


………
追記
の内容、
特に後半部分に対して大幅に
追加訂正を行った。

………
………

 

 

 

 

………

2018年11月2日(金) 午前11時58分
………
「このブログについて」
………
[ 0 ]
「我輩は日本人である」
というタイトルについて


………
追記を追加。

………
………

 

2018年10月までにアップした記事へ