今は2018年1月19日(金曜日)の
午後1時45分。

前回の記事に対する
「とある女性」からの返信は
「ノー」だったり「イエス」だったりと
ハッキリしない。

しかし、

前回、始めようとしていた記事には
「とある女性」の最終的な「答え」が
「イエス」であっても「ノー」であっても
その事とは関わりなく

私として
これだけは「とある女性」に伝えておく
べきだと考えている情報が含まれている。

それは

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」

「民衆」という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」

という「創造ネット計画」の目的という
意味に於いて

「とある女性」だけではなく
他の全ての読者の方々にも
伝えたい、伝えておくべきだ、と
私が考えている情報でもある。
 

………………………………………………………
………という事で、

今回から、多分、2~3回に渡って
以下のような内容から始まる一連の記事
を書いていきたいと思うのだけれど、

今日は、その第一回目として
以前からお約束していた次の話と
そこから更に発展し展開する
或る重要な情報を含むお話まで
書き進めようと考えている。
 

それでは、
以前からお約束していた話
………………
……から・・・
 

現在の「とある女性」が
如何に普通の結婚に向いていない、
「結婚できない女性」であるかに関する
私の考えの詳細と
そこに端を発する結婚という制度
が現代日本社会に対して持っている
主として経済的な意味に於ける
高度に「創造ネット計画」的な考察。

上記した話題は
前半と後半に分かれている。

前半部分は
御本人が気付いていないであろう事柄
を「とある女性」に指摘する
と同時に、

もしもこれから「とある女性」が
「このブログ」と
もう少し深い関わりを持つような状況
が生じた場合に備えて
読者の方々に向けた「とある女性」の
キャラクター設定をしておきたい、

という2つの目的を持って書き進める部分
である。
 


まず、
現在の「とある女性」が
如何に普通の結婚に向いていない、
「結婚できない女性」
であるか
についてなのだが、………

「とある女性」が本当に美人である
と仮定した場合、(ここ重要)

「とある女性」が現在に到るまでが
結婚できない理由として
私が考えている事情を
上手く表現している、と思われる事例を扱った
3つの記事を御紹介する事から
話を始めたいと思う。

事例 …… 1
事例 …… 2
事例 …… 3

如何だろう?

読者の皆様は納得なさる事が出来た
だろうか?

これではまだ納得できない方も
いらっしゃるかもしれない。

しかしながら、

上記でリンクした何れの記事も

インターネット上での関わりに過ぎない
とは言いながら
8年以上に渡って「とある女性」を
「観察」してきた私には
「なるほど………」と納得せざるを得ない
貴重な情報に溢れた記事達なのである。

上記の他にも
例えばこの人のように
美人でありながら(ここ重要)
いや、
それ故にこそ結婚できなかったり
不幸な一生を送った女性は意外に多い
ようだ。

何故そうなるのか?
その原因については色々と考えられる、
のだが、………

その種の思考の結果は後ほどの記事で
少しずつお伝えしようと思っている。
 

ともあれ、

美人は美人なりに美人独特の悩みや問題を
抱えて生きていかなければならない
のだ………と私は考えている。

過去を思い出してみれば
そういう一生を送った人が
私の身近にもいた事を思い出す。

彼女を紹介された叔父は
余りにも美人だったその人に近づく事さえ
できないままに離れて行ったものだった。

………それほどの美人だった。
 

だから

「とある女性」も気をつけたほうがいいよ、

と私は言いたいのである。
 

………………………………………………………
………以上、

ここまで書いてきて
今は2018年1月19日(金曜日)の
午後3時54分。

少し早めだけれど、
この辺りで一休みしたくなったので
上記までをアップして続きは後ほど、
という事にさせて頂きたい。

ひょっとすると
今日の記事は3分割でアップ
………という事になるかもしれない。
 

 


………
今は2018年1月19日(金曜日)の
午後7時40分。
………
今日は、少し早めの午後4時前に
上記までの部分をアップしてから
長い休みを取った後での再スタート
である。

アップした部分に対する
「とある女性」からの返信としての
コメントは午後6時38分着が最新。

文章の内容、………と言うより
記事を書いている意図の根本的な部分には
特段の異論は感じられないので
このまま先ほどの続き(後半部分)を
書いて行こうと思う。
 

既にアップした前半部分では

現在の「とある女性」が
如何に普通の結婚に向いていない、
「結婚できない女性」
であるか

………についての
最も基本的な事柄を
お伝えした訳なのだけれど、

後半部分では

前半部分でお伝えした事柄に
端を発する結婚という制度
が現代日本社会に対して持っている
主として経済的な意味に於ける
高度に「創造ネット計画」的な考察。

を展開させて頂きたい。
 

 

さて、

以前の記事で私はこんな事を申し上げた。

これは「恋」というものに対する
私なりの「悟り」から生まれた
感情であり判断だ。
………とも言えるだろう。

上記した「悟り」は
前回の記事のこの部分でお話した事件と
深い、直接的な関わりがある。
 

「とある女性」は何故
敢えて言わせてもらうなら
私から見たら
実に下らない下品で危険な男の甘い誘いに
ホイホイと乗って
ブログを放り出してしまったのだろう?

この事件を契機として

私は女性の心理とか、恋愛の心理とか………
更には恋愛必勝法とかいう事柄について
徹底的に考え抜いた末、

恋愛に関する幾つかの情報商材を発見する
に到ったのである。
 

………………………………………………………
………というような次第で、

これからのお話の中で
私は
それらの情報商材から得られた
恋愛および女性心理に関する様々な
現実的な知識や技法、………

だけではなく、

その底に潜んでいる人間心理や社会心理
に関する「創造ネット計画」的な議論を
可能な限り面白く分かりやすく展開する事
によって、

「とある女性」を含めた読者の方々に
「創造ネット計画」に対する
更なる御理解を頂けたら、……
………と考えているのだけれど、………

………………………………………………………
………ここまで書いてきて
今は
今は2018年1月16日の午後9時ちょうど。

この辺りで2回目の休憩を取らせて頂いて

続きは
今から4時間後
つまり明日の午前1時前までに書き上げて
アップしようと思う。
 

 


………
今は2018年1月19日(金曜日)の
午後10時25分。
………
午後9時に
上記までの部分をアップした後
約1時間半ほど小休止してからの
再スタートである。
 

 
既に申し上げたように

前回の記事のこの部分でお話した事件
を契機として
私は女性の心理とか、恋愛の心理とか………
更には恋愛必勝法とかいう事柄について
徹底的に考え抜いた末、

恋愛に関する幾つかの情報商材を発見する
に到った訳なのだけれど、………

それらの情報商材から得られた
恋愛および女性心理に関する様々な
現実的な知識や技法、のお話をする前に

それらの情報商材が
現代日本社会に対して持っている意義
について

主として「創造ネット計画」的な観点から
の議論を
可能な限り分かりやすく面白く展開させて
頂こうと思う。
 

 

もう一度………さて、

これも何度も繰り返しているお題目だけれど、

「創造ネット計画」の目的は

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」

「民衆」という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」

………
にある。
 

上記した文章の中で私は
「民衆」という言葉の定義として
「創造に無関心な人々」という言い方を
させて頂いた訳なのだけれど、

「創造に無関心な人々」という言葉には
様々な意味がある。

旧態依然とした常識の中に安閑としたまま
世界や日本社会の先端部分で起こっている
とんでもない変革に全く無関心なままで
毎日を過ごしている人々も
やはり「創造に無関心な人々」な「民衆」
と呼んで差し支えないだろう。
 

 


………ところで、

読者の皆さんは
現代日本社会の底の部分で
静かに広がりつつある或る状況を
御存知だろうか?

個人主義の台頭および一般化を背景とした、
特に若い女性の意識と行動の中に
芽生えつつある大きな変化であり、

その変化に基づく恋愛と結婚に関する
大きな状況の変化である。
 

個人主義については
こちらの記事を御参照いただきたい。

この記事の最初の部分には
次のような定義がなされている。

個人主義とは、
国家や社会の権威に対して
個人の権利と自由を尊重することを主張する立場。
     中略
個人主義は
個人の自立独行、私生活の保全、相互尊重、
自分の意見を表明する、
周囲の圧力をかわす、チームワーク、
男女の平等、自由意志、自由貿易に
大きな価値を置いている。

………確かに上記で引用した限りに於いて
個人主義は正義である。

しかし、その底には
様々な巨大な問題が潜んでいる。

旧来の日本社会を支えてきた
地域共同体の価値観や家族制度の崩壊も
そうした問題の大きな一部なのだが、……

ここでは、その問題が生ずる以前の
恋愛~結婚に到るまでの心理過程
に於ける若い男女の間に生じているズレの
問題に注目したいと思う。

この点に於いて
若い女性の間に生じつつある意識の変化に
若い男性の多くが気付いていないか、
あるいは全く理解も関心を持ってはいない、
………と私は考えている。

………そこの部分に目をつけて
若い女性の心と身体を
思うがままに扱いこなす知識と技術
というものが現代日本の社会の一部で
大きな成長を遂げつつあるのである。
 

………………………………………………………
………と、

ここまで書いて
今は2018年1月20日(土曜日)の
午前0時3分。

今回のテーマは手強い。

予定していた20日の午前1時過ぎまでに
書こうと思っていた内容の
全てを書き上げる事は不可能な事が
見えてきたし、疲れも出てきた。

………という訳で、
今までの予定を変更させて頂いて
とりあえず
ここまでの部分をアップして、
最終部分は遅くとも今から6時間後、
つまり
20日の午前6時過ぎまでには仕上げて
アップする事にさせて頂こうと思う。

………今回は徹夜なのだ!
 

 


………
今は2018年1月20日(土曜日)の
午前2時46分。
………
午前0時過ぎに
上記までの部分をアップした後
約2時間50ほど仮眠してからの
再スタートである。
 

 

先ほど私は
若い女性の間に生じつつある意識の変化に
若い男性の多くが気付いていないか、
あるいは全く理解も関心を持ってはいない、
………と私は考えている。
………
………そこの部分に目をつけて
若い女性の心と身体を
思うがままに扱いこなす知識と技術
というものが現代日本の社会の一部で
大きな成長を遂げつつあるのである。

と書いて、

とりあえず
そこまでの文章を纏めた上でアップした
訳なのだが、

申し上げるまでもなく
若い女性の心と身体を
思うがままに扱いこなす知識と技術
とは
前回の記事のこの部分でお話した事件
を契機として
私が女性の心理とか、恋愛の心理とか………
更には恋愛必勝法とかいう事柄について
徹底的に考え抜いた末、

発見するに到った
恋愛に関する幾つかの情報商材
の事である。

それらの情報商材を発見したのは
上記した事件の直後だから
5年ほど前の話になる。
 

一方、

最近になって
私は「とある女性」との関わりに於いて
「結婚」というものについて
これまでになく真剣に徹底的に考え尽くし、

インターネット上で得られる
あらゆる情報を探しているうちに

前述の情報商材が
現代日本社会に対して持っているはずの
思いがけない効用に気付いたのである。

現在の日本社会にとって
大きな悩みのタネである人口減少問題
に対する根本的な部分からの解決策として
前述の情報商材が持っている可能性である。
 

こちらの記事を御覧頂きたい。

結婚という問題に関して
インターネット上で得られる限り
様々な種類の情報を集め尽している最中に
偶然に出会った上記の記事に
私は強烈な説得力を感じたのであった。
 

前述の情報商材は
一見すると悪魔の知識や技術
のように見えるし、
そういう側面は確かに色濃く存在している。

しかし、
その種の知識や技術を、どのような人が、
どのような目的で使うかによって
それらが果たす役割や効用は
神の知識や技術にもなり得るはずだ、
………と私は確信している。

問題の本質は
知識や技術そのものにあるのではなく
それを扱う個人の心の在り方
に存在しているのである。

………………………………………………………
………という事で、

この件に関しては
これ以上のくだくだしい説明は不要だと思うので、

以下の部分からは
前述した情報商材に関する重要な情報の
要点だけを付記としてお伝えして
今回の記事を終了させて頂こうと思う。
 

次回の記事は
3日置いた
1月23日(火曜日)から24日にかけての深夜
までにアップしようと考えている。
 


………付記

………
私が5年前に購入した情報商材の著者
が経営している会社の経営理念。

………
彼の公式ブログ
………
………
彼が発行しているメルマガ(無料)
………
★18才Aクラスの美人
と同棲するオジサン(49歳)が
やってること★

上記のメルマガ読者に配信されている
約34分の音声情報
(今のところ削除されていないけれど
削除される可能性がある)

………
………
★彼が「youtube」にアップしている情報
の一例……その1★

………
★彼が「youtube」にアップしている情報
の一例……その2★

………
★彼が「youtube」にアップしている情報
の一例……その3★

………
彼が「youtube」にアップしている
動画(47件)のリスト

………
………
私が5年前に購入した情報商材
を知ったサイト

………
私が実際に購入した商材…1
(1万8,800円)

この商材は5年前のもの。
主な内容は最近になって上記でリンクした
「youtube」動画と同じ。

………
私が実際に購入した商材…2
(1万8,800円)

………
………
上記した商材を購入する際の注意事項
必ず捨てメールを使用する事

 

 


 

 

………background music………
………
舟歌
1881年初演のオペラ
「ホフマン物語」第4幕で歌われる劇中歌
オッフェンバック作曲

解説と歌詞
………
エリーナ・ガランチャ
アンナ・ネトレプコが唄う

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ベニスの風景の背景に流れる
★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ベニスのゴンドラ(昼)

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ベニスのゴンドラ(夜)

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
19世紀の絵画

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ベニスの絵画と写真

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
………
アンドレ・リュー
★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ガブリエル・トマゼッロ
(ピアノの演奏を投稿している
人気ユーチューバー)
の演奏で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
アティカ・プルークド・
ストリングス・オーケストラ
の演奏で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
アンナ・スティアーナ(ドイツ)
のピアノ演奏で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
マヌエラダンファーム
一人二重唱で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
サンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂
バルセロナ(スペイン)のパイプオルガン演奏で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ローザンヌ室内管弦楽団(スイス)
フラッシュモブ

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
フラッシュモブの失敗例
………
チェロとピアノの演奏で
★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ヴァイオリンの演奏で
投稿カテゴリーは「コメディ」

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ヴァイオリンとハープ
子供の演奏
投稿カテゴリーは「音楽」

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
ヴァイオリンとチェロとピアノ
ケルン市(ドイツ)からの投稿
投稿カテゴリーは「エンターテイメント」

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★
………
大合唱
スロベニアからの投稿で

★ ホフマンの舟歌 (動画) ★

 

リンク切れ通知(別ページ)

このページのトップへ戻る
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です