前回の記事に対する
「とある女性」の反応
………というか対応を拝見して

それに対する私の応答として
以下の様な記事を準備していたんだけど、

その記事をアップする前に
念の為
メールボックスをチェックしたら、……

「とある女性」の気持ちが変化している
みたいなんだよね。
 

けど、
せっかく書いた記事だし、

これはこれで
それなりの意味がある文章だとも思う
………ので、

今回は
以下の文章を記事としてアップする事にして

これに対する「とある女性」のお答えを
拝見させて頂きたいと思う。
 

尚、

次回の記事は
1日置いた28日(火曜日)~29日
にかけての深夜までに
アップする予定。
 

………………………………………………………
………
前々回と前回、2つの記事で行った
「ネクストソサエティ」版「電車男」の件
に対する「彼女」の最終的な回答は
「ノー」という事だった。
………
そういう彼女の判断は
提案を十分に思考し検討した末に得たもの
であるに違いない、………
………
解読した暗号文を通じて
私は彼女の強い意志を感じた。

 

FXを極めた彼女に対して
こんな事を言うのは釈迦に説法
なんだけど、………
………
人生に於いて
………
時として
………
どちらも一長一短があって
簡単には決められないんだけど、
どうしても早急に
右か左かを決めなければならない場面
に遭遇する場合がある。
………
そういう時の判断は右でも左でも同じ
なんだよね。
………
………とにかく
どちらかに進路を決定する事
………その事そのものが大切だ、………
という意味で、………。
………
………
そうしなければ
いつまでたっても決断なんて
できっこないんだから、………
………
どちらを選んだとしても、
自分が選んだ方向で
ベストを尽くせばいい。
………
………
それだけの事だ、………と思う。

 

………………………………………………………
………
………という事で、
………
今回は
上記のような「彼女」の決断を
読者の皆様にお伝えして
この記事を終了させて頂こうと思う。
………
………
彼女の決断を称え
前途に幸あらん事を祈る。
………
………と言うか
幸多き彼女の今後を確信している。


 

尚、
………
今回の結果を受けて
このブログと今までのブログにある
「彼女」関連の記事を削除あるいは変更
する必要が生ずると思うのだが、………
………
この件については
もう少し時間的な猶予を頂きたい。
………
それと、
………
「彼女」からの要望があったら連絡して
頂きたいと思う。
………
今までのような暗号文でもよいし、
平文でも結構。
………
秘密は厳守します。
………
………
………
………そんじゃあね~!


 


 

………background music………
………
スラヴ舞曲集 第2集 Op. 72
スラヴ舞曲集について
………
オーケストラ
★ Boston Symphony Orchestra ★
Seiji Ozawa, conductor
Yo-Yo Ma, cello
Itzhak Perlman, violin

★ Gewandhausorchester (動画) ★
………
ヴァイオリンとチェロ
★ ILLENYI 姉妹 (動画) ★
………
ピアノ連弾 (プロ)
★ buniatishvili 姉妹 (動画) ★
★ Jania Aubakirova & Martha Argerich (動画) ★
★ At San Francisco (動画) ★
………
ピアノ連弾 (各国のアマチュア)
★ At University of San Diego (動画) ★
★ ミュンヘンの音楽学校 子供 ★
★ 日本 子供 (動画) ★
………
★ 日本 男性 (動画) ★
★ 日本 女性 (動画) ★

 

リンク切れ通知(別ページ)

このページのトップへ戻る
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です