新「創造ネット計画」
目次

………
………

………序文………
………
はじめに
………
………
……… 以降 構想中 ………

 


↑目次に戻る

はじめに


 

今は2018年6月2日の午後11時50分。

「プロローグ」で申し上げたような事情
によって
昨年の6月に最初の記事をアップして以来、

先月末までの約1年間
或る目的に向って夢中で記事を
書き続けて来た。
 

 

名前なんかどうでもよいのだが

このブログの目的は
「創造ネット計画」の現実化にある。

………と言うか
「創造ネット計画」を現実化していく
足場を固める事にある。
 

 

「創造ネット計画」の目的は
 

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに合わせて上からの意識変革を行う事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

………事にある。
 

………とんでもなく思い上がった言い方で
お恥ずかしいのだけれど、

正直に申し上げて、
これが偽らざる我輩の本心である。
 

今から24年前の
1994年に作成したブログにアップした
この記事を御覧頂きたい。

この記事あたりに
「創造ネット計画」の原点はある。
 

それ以降、

今になって考えてみれば
上記したような本心に従って、
………と言うか

この本心に突き動かされ
支えられながら
夢中で生きてきたのが我輩の半生だった
ような気がする。
 

 

ところで、………

世間一般の常識から見れば
現在の我輩はニートの成れの果て
………の典型に過ぎない。

……そのような世間一般の常識の典型例
御覧頂きたい。

まっとうに生活していらっしゃる
典型的な常識人から
こう言われてしまったら一言もないのが
現在の我輩なのである。

世の中は結果が全てなのだから
 

 

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに合わせて上からの意識変革を行う事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

………という思い上がった物の言い方は

典型的な「ニート」である我輩にとって
どうしても必要な考え方や感じ方の表現
なのかもしれない。
 

 

………まあ、
そのようなコンプレックスまみれながら
このブログを書き続けている内に

最近になって我輩は

自分には相応しくない
この言葉が意味している目的、

………つまり
 

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革すると共に
「民衆」という言葉の定義は次の通り

「創造に無関心な人々」

………
それに合わせて上からの意識変革を行う事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それらの相互作用によって
………
「日本の未来を切り開く」

………

………という目的を口にして当然の人々を
次々と発見するに到ったのである。

自分の限界を痛感しながら、
その限界を越えさせてくれる手がかりを
インターネット上で
可能な限り捜し求め続けた末に………。
 

 

その一例として
最近になって我輩が発見した幾つかの動画を
御紹介しようと思う。

ざっとで結構なので、

これらの動画の向こう側にいる人々が
言っている事
或いは言おうとしている事を、
理解できるかどうか試してみて頂きたい。
 

彼等が言っている事、
或いは言おうとしている事を

現在このブログをお読みになって
いらっしゃる、
………かも知れない読者の方々が
現実的な実感として
どこまで理解できるだろう?
 

★人口減少の衝撃
~少子高齢化の現状と将来課題~★

………
★世界的な高齢化
人口減少の未来に、
日本は何ができるか?★

………
★少子化対策
第三子に1000万円!?
そして「男性の働き方」を変える★

………
★人口減少加速までタイムリミット2年
どうする評価基準・残業規制
生産性向上?★

………
★経営戦略としての「働き方改革」★

 

失礼ながら
多くの読者の方々にとって
この要求は
多分かなりの無理難題だろう
と我輩は考えている。
 

つまり、

世間一般の常識に従って
まっとうに生活していらっしゃる
普通の人々が

彼等の言っている事や言おうとしている事を
実感として理解するのは
多分かなりの無理難題のはずだ、
と我輩は考えているのである。

彼等は
世間一般の常識に従って
まっとうに生活している普通の人々が
理解できる範囲外の事を言っているし
言おうとしているのだから、………。
 

しかし、

世間一般の常識に従って
まっとうに生活してこなかった
自分には理解できる、
………と我輩は考えている。
 

………それのみならず、

自分には彼等がやろうとしている事を
別の面から推進していく事ができる
……はずだ、………

とも現在の我輩は考えている。

彼等の言っている事、
言おうとしている事を手がかりとも
足場ともして、………。
 

………………………………………………………
………以上………
………
要するに
………
現在の我輩は
彼等が言っている事、言わんとしている事を
一つの世界観として使いこなした
遊びの場
を作り出そう
と考えているのである。
………
「創造ネット計画」(仮題)という名前の
RGPゲームとして

 

どうやって………?
 

それは「このブログ」の今後を御覧になれば
お分かり頂ける、………はずである。

世間一般の常識に従って
まっとうに生活している普通の人々には
ちょっと
理解しにくいかもしれないけれど、

或る意味で無責任な出たとこ勝負
創造作業を我輩と共にお楽しみ頂きたい。

 


………
………background music………
………
映画
「パイレーツ・オブ・カリビアン」から
「彼こそが海賊(He’s a Pirate)」

………
解説記事
………
第1作「呪われた海賊達」の
あらすじ紹介と感想記事

………
………
動画
………
★Mariusz Sielski音楽学校
オーケストラ
チェンストホヴァ(ポーランド)★

………
★テイラー・デイビス★
………
★エレクトーン[音量注意]★
………
★デイヴィッド・ギャレット①★
………
★デイヴィッド・ギャレット②★
………
………
関連動画
………
★Best of Jack Sparrow★
………
★Fin del Mundo[世界の終わり]★
………

リンク切れ通知(別ページ)

目次に戻る