今は2018年3月2日(金曜日)の
午後3時43分。
 

諸般の事情によって「このブログ」は
全体を新しい形に組み替える事になった。

今日は、その組み替え作業の初日で、
今、その作業を開始したところである。

………なので、
読者の皆様方に於かれては

新しい形への移行が完了するまで
これからしばらくの間、
今までの記事のタイトルが或る日突然変更
されたり内容が変化したりする状態が
続く事について御了承頂きたい。

尚、
組み替え作業を行う以前の
「このブログ」の記事は全て今までの状態
のまま私のPCに保存してある。

そもそも私は
自分が書いた記事や文章は全て自分のPC
に保存しておく主義なので
8年前に書いていたブログも、それ以前の
ブログや文章も全て
自分のPCや複数のハードディスクに
コピーして保存してある。

だから、必要があれば、
その箇所は直ちに検索して再利用する体勢
が整っているし、

自分が過去に行った発言や行為の記憶を
失ったり
それらの発言や行為に対する責任を
逃れたりするつもりはないので、
その点は御安心願いたい。

………………………………………………………
………という訳で

上記した組み替え作業を行いながら
書き進めるつもりでいる今日の記事の
タイトルは御覧のとおり
森を見せる仕事に向って」である。

今は
とりあえず「このブログ」の組み替え作業
と新しく書き進める予定でいる最初の記事
のお知らせだけして、
この続きは今夜の12時(24時)までに
仕上げてアップしたいと思う。
 

 


今は2018年3月2日(金曜日)の午後7時25分。
上記の続きを始めたい。
後日この部分までの記述は
削除する予定である。

 

「創造ネット計画」現実化への道と題した
前回の記事では
タイトルどおり
「創造ネット計画」現実化への道
お話をした。

お話の概要は以下の3点に要約する事ができる。


「創造ネット計画」を
現実化していく為の具体的な手段として
現在の私が考えている事業は
或る種の「情報産業」である。
この考え方の詳細については
こちらのページを御覧頂きたい。

………

私が考えている未来型の「情報産業」
開始して発展・展開していくに当たって
最も重視しなければならないのは
多数のアクセスを安定して集め続ける事と
その為に
多数の良質なコンテンツ
安定して作成し続ける事である。
………

上記した2点を実現していく上で
最も基本的な戦略として現在の私が考えて
いるのは自治会との提携である。

上記でお示しした要約の「第3点」
について詳しい説明を行う事が
今回の記事の目的である。
 

長文の繰り返しになるけれど、
この件について前回の記事で申し上げた事
を再び御覧頂きたい。

今までに私は
この地域の自治会に対して
「創造ネット計画」に関連する2つの提案
を行っている。
………
最初の提案は今から約20年近く前
初めて隣組の組長になった時に行った
この提案
………
………
2番目の提案は
約5年ほど前、自治会長になった直後に
行ったこの提案である。
………
2つの提案は、どちらも当時の人々からは
まったく相手にされる事なく
失敗に終わった。
………
それは当然と言えば余りにも当然の事
だった、と今は考えている。
………
上記した2つの提案は
両方ともホームページやブログ等の
インターネット情報を
多くの人々が読んでいるという
社会状況を前提として初めて成り立つ
可能性が生ずる、………
かもしれない提案だったからである。
………
………その他にも
提案を行った私自身の知識や経験の不足
など
あらゆる点で問題が多すぎた事も
原因としてあげる事ができるだろう。
………
………
しかし、最近は事情が激変している。
………
信じられないほどの機能向上と価格の低下
の結果として多くの人々が
ノートパソコンやアイフォンを使うように
なり
インターネットから情報を得ている人々が
増えている、………という事もあるし、
………
それに加えて、
「創造ネット計画」
に関する私自身の知識や技術や体験が
以前とは比較にならないくらい
豊富なものになっている
………からである。

上記で引用させて頂いた記述では
以前の私が「この地域の自治会」に対して
行った2つの提案のお話をしている。

この内、2番目の提案は
約5年ほど前、自治会長になった直後に
行った訳であるが、

その時の就任挨拶で私は
自治会で株式会社を興したい、という自論
を発表して会場からの失笑を買ったもの
だった。

その後、2年間に渡って自治会長を務め
顧問を経験した後、
何の因果か隣組の組長の番が回ってきて
更に当地域の小さな神社の総代までやる
事になって今に到っている。

結果として合計5年間、
私は、
この地域の世話役のような形での生活を
続けてきた事になる。

まあ、私のような年齢になると
地域の世話役を勤める事は義務であり
その意味では
私なんかより遥かに重い多数の責務を
長期間に渡って果たしていらっしゃる方も
いらっしゃるのだから、その点での不満は
ない。

いや、それどころか、
自分のような世間一般の常識的な生活から
懸け離れたニート暮らしを続けている人間
に、
世話役を勤める機会を与えて下さった
この地域の人々には本当に感謝している。

………のだが、………

そんな私にも私なりの不満はあるので
あるのであって、
その不満をエネルギー源として
「このブログ」は書かれている、………
と言ってもあながち間違ってはいない
と思われるほどなのである。
 

 

正直に申し上げて
私は「この地域」の人々から全く
と言っていいほど尊敬されていない。

普通、
先ほどの例でお話したような
私なんかより遥かに重い多数の責務を
長期間に渡って果たしておられる方々は、
それなりの尊敬を集めていらっしゃる

………と言いかけたのだけれど
やっぱり違うようだ。

私なんかより遥かに重い多数の責務を
長期間に渡って果たしておられる方々
の中には
確かに
それなりの尊敬を集めていらっしゃる方も
存在するのだけれど、………

そうではない人も
けっこう多数いらっしゃるのである。
 

………………………………………………………
……これは2年間に渡って自治会長を務め
その後3~4年、
自治会を含めた「この地域」の
様々な自治活動や文化活動を
或る程度の距離を置いて「眺め」てきた
私の実感である。
 

 

再び…………………………………………………
………というような次第で

なんでこの世の中は真面目な人やいい人が
損するようにできているんですか?

………という上にリンクした人生相談と
それに対する6人の人々からの回答に
少し考えさせられている私なのである。
 

確かに
ベストアンサーに選ばれた回答は正論だ
と思う。

しかし、
それだけでいいのだろうか?

質問者が訴えている問題の回答として
あの答えは
余りにも不満の多いベストアンサーだ、と
私には感じられてならない。

余りにも個人の努力だけを求め過ぎていて
社会のシステムとか社会一般の風潮
に対する問題意識が不足している、と
私には感じられてならない。

現在の日本、
いや現在の世界は
どこか間違った方向に進みつつあるように
私には感じられてならない。

上記のベストアンサーが言っているような
個人の努力だけでは決して解決できない
巨大な問題が
深い部分から静かに襲いかかりつつある
のが
現代の日本、現代の世界であるような気が
してならない。
 

 


話は少し跳ぶけれど、

私は今から30年ほど前
1980年代後半から1990年代初頭にかけての
バブル時代の絶頂期に
大学時代からの友人だったY関連の縁で
出版社を立ち上げようという計画に
関わった事がある。

設計事務所をしていて大儲けした人物が
資金を投入して出版社を設立したい、
………との事だった。
 

その時に様々な方面の専門家達に会って
色々な話を聴く事ができたのだが、
その中で印象的だった言葉が一つあった。

出版社を設立する上で最も大切なものは
自社が社会に対して何を言いたいのか
何を主張したいのか
その信念だ、

………という言葉を聞いた時に
なるほど、………と感心したものだった。
 

私は今
「創造ネット計画」を現実化する手段の
第一段階として、或る種の「情報産業」
事業化しようと考えている。

私が現在の段階で考えているのは
その情報産業が
今の日本社会に対して何を言いたいのか
何を主張したいのか

それを決める事だけ、である。

………と言うか

当然の事として今の私の心には
その情報産業を使って
今の日本社会に対して言いたい事
主張したい事
が満ち満ちている。

今の私が現在の段階で考えているのは
その内容を読者の方々に実感として理解
して頂く事、だけである。
 

3度目の………………………………………………
………というような次第で、

上記したような文章を序文として
これから少しずつ
「創造ネット計画」を現実化する手段の
第一段階として私が考えている
或る種の「情報産業」
今の日本社会に対して言うべき事
主張すべき事と
それらの事柄をどのような方法で
言うべきか、主張すべきか、伝えるべきか

に関するお話をしていきたいと考えている。
 

………………………………………………………
………以上、
ここまで書いて
今は2018年3月2日(金曜日)の
午後11時57分。

書き始める時に予定していた内容とは
少し違った
舌足らずの記事になってしまったけれど、

そろそろアップする予定の時刻が
近付きつつある。

次回の記事は
今から約4日置いた
2018年3月6日(金曜日)の
午後11時までにアップしたい。
 

 


 

………background music………
………
組曲「動物の謝肉祭」
サン・サーンス作曲
………
全体的な解説
………
曲目の解説
………
謝肉祭ってどういう意味ですか?
………
………
★絵本★
全体で23分18秒
★第1曲 序奏とライオンの行進★
★第2曲 めんどりとおんどり★
………
★第3曲 野性のラバ★
★第4曲 かめ★
………
★第5曲 ぞう★
★第6曲 カンガルー★
………
★★★★★第7曲 水族館★★★★★
★第8曲 耳の長い登場人物★
………
★第9曲 森の奥に住むかっこう★
★第10曲 鳥かご★
………
★第11曲 ピアニスト★
★第12曲 化石★
………
★★★★★★第13曲 白鳥★★★★★★
★第14曲 フィナーレ★

………
………
スタニスラフ・モニュスツコ音楽学校
Stanislaw Moniuszko Music School(ポーランド)
全体で23分18秒
★第1曲 序奏とライオンの行進★
★第3曲 野性のラバ★
★第5曲 ぞう★
………
★第7曲 水族館★
★第9曲 森の奥に住むかっこう★
………
★第11曲 ピアニスト★
楽譜には「つとめてへたに演奏すること」
という指示が書かれている、…そうである。
★第13曲 白鳥★
チェロが泣けるほどヘタなのが御愛嬌

………
………
第13曲 白鳥
★チェロ★
ヨーヨー・マ
………
★クラシックバレエ…1★
スヴェトラーナ・ザハーロワ
………
★クラシックバレエ…2★
ウリヤーナ・ロパートキナ
………
★モダンバレエ★
クラシックバレエとモダンバレエの違い
………
★本物の白鳥★
………
………
フランスからの投稿
★第10曲 鳥かご★
ジャグリング
………
★第1曲 序奏とライオンの行進★
………
★第14曲 フィナーレ★
………
………
第7曲 水族館
★美ら海水族館(沖縄)★
黒潮の海
………
★ピアノ★
………
★ハープ★
………
★タイからの投稿★
投稿者Paul Bartonについて
………
………
第14曲 フィナーレ
★アニメ★
………
番外
★ネコとネズミとライオン★

 

リンク切れ通知(別ページ)

このページのトップへ戻る
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です