今は2018年2月16日(金曜日)の
午後2時7分。

前回の記事に対する
「とある女性」からの返信コメントは
相変わらずの調子。

暗号文なので詳しい事は全く分からない。
ただ何となくの気分が伝わる程度。
 

それと同じ事は読者の方々、……と言うか、
このブログを読んで下さっている、………
かもしれない近隣の人々の「反応」にも
言える。
 

毎日の生活の中で、
それなりの必要があって近隣の人々と
出会ったりする時、

「ああ、この人は私のブログを読んでいる
可能性があるなあ」
……とか、

「読んでいるとしたら、どんな感想を
持っているんだろう」
……とか、

「こんな感じで読んでいらっしゃるんだ
ろうな」
……とか、

色々な事を感じたり考えたりするけれど、
それらの人々に対して正面切って
「このブログ」に関する問いかけをしたり
した事はない。

「このブログ」の目的は
「創造ネット計画」の現実化であり、
現在までのところ
「創造ネット計画」は「ゲリラ戦」を開始
したばかり、……なのだから。
 

 

 

「創造ネット計画」が闘いを挑んでいる
のは

例えば「日本政府!」……だとか
「既存の大企業!」……だとか、
そんな大それた相手ではない。

このブログを書き始めた時から
たびたび申し上げている下記のお題目
もう一度御覧頂きたい。

「民衆の意識を
日常生活のレベルから変革する事
によって
新しい社会構造を創り出し
………
それによって日本の未来を切り開く」

「民衆」という言葉の定義は
次の通り→「創造に無関心な人々」

………これが「創造ネット計画」の目的
なのだから、
「創造ネット」が闘いを挑んでいる相手は
「民衆の意識」だ、………という事になる。
 

 

「民衆の意識」は
「とある女性」の心の中にも
「近隣の人々」の心の中にも、
いや、私自身の心の中にも潜んでいる。

………………なんちゃって。

★分かるかなぁ?
分かんねえだろうなぁ★

 
オレが昔コガネムシだった頃、弟はテントウムシだった。
オヤジは信号無視で、お袋は茶碗蒸しだった。
………
俺が夕焼けだった頃、弟は小焼けだった。
お袋は霜焼けで、親父は胸やけだった。

 

………………………………………………………
………ともかく、

そんな訳なので……?
今の段階では
「とある女性」とも近隣の人々とも
付かず離れずの距離を保っているのが
「このブログ」にとっても
自分自身にとってもベストな姿勢だ、
というのが現在までの私の実感である。

誰が味方で誰が敵なのか?
今の段階ではよく分からないのだから……。

いや、
そもそも味方とは、敵とは、
どういう人であるのか?
その事さえも未定義のままであり
よく分からない、………
というのが現在までの私の実感なのだから。
 

ともかく、
白黒を明確にさせないで
お互いの腹の底を何となく探り合っている
というのが「私達の関わり」に於ける現状
のような気がする。

その意味でなら
「とある女性」の暗号コメントも
近隣の人々の暗号的なおとぼけな反応も
けっこういい線をいっているんじゃないか
………と私は考えている。

それと同時に
「創造ネット計画」も「このブログ」も
もうしばらくの間はゲリラ戦を続ける必要
があるような気もしている。
 

………………なんちゃって。

分かるかなぁ?
分かんねえだろうなぁ

言っている本人も
よく分かんねえんだから。
 

 

いずれにせよ、
今、「このブログ」は大きな曲がり角に
立っている、………と思う。

かなり以前から前々回あたりに到るまでの
長い間、
「このブログ」は
「とある女性」と私の感情面、というか
心と心の関わりを中心的な話題として
記事を書き進めてきた訳であり、

私としては
そういう話題の底に
「創造ネット計画」的な意図を
ゲリラ戦的に忍ばせていた
つもりなのだけれど、………
 

その種の話題で私が表現しようとしていた
……というか、
「とある女性」や読者の皆さんに
お伝えする事ができる
私自身の感じ方や考え方は
ほぼ行き着くところへまで行き着いた
という感じがしている。
 

私としては
ただただ「とある女性」への思いを
「とある女性」に訴える事しか考えては
いなかった。

しかし、
そういった「涙ぐましい努力」というか
頑張りには思いがけない副産物があった。

一つは
低次元の性欲的な衝動を昇華したところに
生まれた高次元の「愛」
であり、

もう一つは
「創造ネット計画」的な観点からの
重大な発見としての
「日本の人口問題」に対する
決定的とも思える解決手段との出会い
である。
 

………………なんちゃって。

分かるかなぁ?
分かんねえだろうなぁ

言っている本人も
よく分かんねえんだから。
 

しかし、
上記の言い方で言おうとしている事は

よく分かんねえんながらも何となく分かる
………ような気がしているのは
自分だけではない、………
ような気が今の私にはしている。
 

 

………………………………………………………
………以上、

………というような次第で、

かなり以前から前々回あたりに到るまでの
長い間、
「このブログ」は
「とある女性」と私の感情面、というか
心と心の関わりを中心的な話題として
記事を書き進めてきたのだけれど、………

これからは
主として「創造ネット計画」的な観点
から考えた
「日本の未来を切り開く!」為の
具体的な手段に関して

可能な限り面白く分かりやすい記事を
中心的な話題として書き進めていきたい
と今の私は考えている。
 

「創造ネット計画」的な観点
から考えた
「日本の未来を切り開く!」為の
具体的な手段
の話題は
2つに大別する事ができる。

一つは経済面の話題であり、
もう一つは「人口問題」に関する
新しい未来的な社会システムの話題である。

それらの問題に関する
私の「創造ネット計画」的な考え方を
「とある女性」や読者の皆さんに
お伝えし、理解して頂く試みから始めて

もしも、その試みが成功し
上記した2つの
私の「創造ネット計画」的な考え方を
「とある女性」や読者の皆さんに
理解し納得て頂く事ができたなら、

次の段階として
それらの「創造ネット計画」な考え方
に基づいた
「日本の未来を切り開く!」
為の具体的な戦略と戦術を展開していこう
………と考えている。
 

前々回あたりから始めた
2.…… 「とある女性」の「仕事」
………としての
………FXトレードについて
………現在の私が考えている事柄
………から始まる「創造ネット計画」的な考察
………の展開

という記事は
その第一段階、つまり経済面からの
「創造ネット計画」的な考え方を御説明
するつもりだったのだけれど、

特に前回の記事などは
不慣れなせいで分かりにくく
面白くも何ともないお話になってしまって
「とある女性」を含む読者の皆様に
対して
誠に申し訳ないと思っている次第である。

その点に関しては
前回の記事をアップした後に
猛烈な自己嫌悪、……というか
自分の表現力の限界というか、

ああいう記事を書く事になってしまった
自分の見通しの甘さと準備不足が
悔まれて
絶望的な気分に圧倒されて
その後の2日程は身動きできずに寝込む
他はなかった。
 

再び…………………………………………………
………以上、

上記したような反省に立って
昨日は未明から経済面のお話をする為の
基本的な考え方を徹底的に煮詰める努力を
行い、
現在では或る程度までの自信を持つ
に到っているので、

これからの記事では
同じ経済面の話題でも前回とは全く異なる
可能な限り面白く楽しいお話を展開できる
………はずである。
 

 

3度目の………………………………………………
………以上、

ここまで書いて
今は2018年2月16日(金曜日)の
午後5時58分。

とりあえず今
書き上げた部分をアップしておいて
続きは今日の12時(24時)までに仕上げて
アップしようと思う。
 

 

今は2018年2月16日(金曜日)の午後9時15分。
………

先ほどアップした部分に対する
「とある女性」からの反応は
「グッドバイ」であった。

最近、「とある女性」の暗号コメントで
出てくる「グッドバイ」には
色々な意味があるのでハッキリとは断定
できないのだけれど、

ひょっとしたら
今回の「グッドバイ」は本来の意味での
「さようなら」なのかもしれない。

そうだとしたら、
「とある女性」「グッドバイ」に対する
私の応えは以前から何度も言っている
とおりであり、
特に今回の場合は
以前の記事に書いたこの部分から
文末までに到る言葉が最適なような気がする。
 

………というような次第で
「とある女性」からのコメント(暗号文)
に関しては
彼女から返ってくる
今後のコメント(暗号文)の様子を見て
「とある女性」の最終的な判断
があった場合には
その事を読者の皆さんにお伝えしよう
と思っている。
 

 

………………………………………………………
以上で
「とある女性」からのコメント(暗号文)
に関する御報告を終えさせて頂いて
先ほど、と言っても今から3時間近く前の事
なのだけれど、

午後5時58分にアップした以下の部分を
再提示して、

そこからの続きという事で以降の記事を
書いて行こうと思う。

かなり以前から前々回あたりに到るまでの
長い間、
「このブログ」は
「とある女性」と私の感情面、というか
心と心の関わりを中心的な話題として
記事を書き進めてきたのだけれど、………
………
これからは
主として「創造ネット計画」的な観点
から考えた
「日本の未来を切り開く!」為の
具体的な手段に関して
………
可能な限り面白く分かりやすい記事を
中心的な話題として書き進めていきたい
と今の私は考えている。
………
………
「創造ネット計画」的な観点
から考えた
「日本の未来を切り開く!」為の
具体的な手段
の話題は
2つに大別する事ができる。
………
一つは経済面の話題であり、
もう一つは「人口問題」に関する
新しい未来的な社会システムの話題である。
………
それらの問題に関する
私の「創造ネット計画」的な考え方を
「とある女性」や読者の皆さんに
お伝えし、理解して頂く試みから始めて
………
もしも、その試みが成功し
上記した2つの
私の「創造ネット計画」的な考え方を
「とある女性」や読者の皆さんに
理解し納得て頂く事ができたなら、
………
次の段階として
それらの「創造ネット計画」な考え方
に基づいた
「日本の未来を切り開く!」
為の具体的な戦略と戦術を展開していこう
………と考えている。

上記で引用した「このブログ」に於ける
今後の展開に関する予定の第一歩として
前々回からFXというテーマで
記事を書いている訳なのであるが、………

こうしたFXというテーマで記事を書く
に当たって
私は次のような問題意識を持っていた。

「創造ネット計画」の最終的な目的
である経済面での問題を考えた場合、
「日本の未来を切り開く!」
為の具体的な戦略と戦術を展開するには
………
読者の皆さんに
最低限これだけは知っておいて頂きたい
と私が考えている経済的な知識がある。
………と、………

………
そういう意味での経済的知識なら
それほど高度に専門的なものは必要ない。

それどころか、

普通の人々にとっても
今までに経験した事のない事柄に対する
新鮮な興味を感じてもらえる面白い記事を
書く事ができる、……はずだ………、

………というのが
FXに関する記事を書き始めた当初の思惑
だった。
 

確かに最初の回は
プロのトレーダー氏が実際に利益を上げて
いる動画などを使って
或る程度まで面白い記事を書く事ができた
のだけれど、………
前回の記事では、
そういう訳にはいかなかった。
 

 

話は少し跳ぶけれど、

皆さんはテレビで天気予報の番組を
御覧になっていると思う。

ちょっとオーバーな言い方をするなら、

天気予報に限らず
或る意味で面白くも何ともない事柄を
ショーアップして
出来る限り面白く分かりやすいお話に
しようとしているテレビ局の人々の
涙ぐましい努力を
今の私としては涙なくして考えずには
いられない。
 

例えば天気予報なら天気予報で
番組を面白くショーアップする為には
天気の事や気象の事を
知り尽くしていなければならないはずだ。

それ以外にも
番組を面白くショーアップする為には
様々な知識や技術が必要になるだろう。
 

それらの知識や技術を十分に蓄積していて
余裕がある時、
番組をショーアップする作業や仕事は
やっている本人も
楽しくて面白くて仕方ないだろう、と思う。

けれども、
そうした知識や技術が底をつき始めた時の
苦しみや悩みは
それまでの面白さ楽しさに比例して大きい
ものになるに違いない、………と思う。

今の私がそうであるように、………。
 

………………なんちゃって。

分かるかなぁ?
分かんねえだろうなぁ。
 

オレが昔コガネムシだった頃、弟はテントウムシだった。
オヤジは信号無視で、お袋は茶碗蒸しだった。
………
俺が夕焼けだった頃、弟は小焼けだった。
お袋は霜焼けで、親父は胸やけだった。

 

………………………………………………………
………以上、

ここまで書いて
今は2018年2月16日(金曜日)の午後11時37分。

お約束していたアップの時間が
近づいている。

最後は泣き言になってしまったけれど、
この辺りで今回の記事を終了させて頂く
事にしたい。

次回の記事は
今から約4日置いた
2018年2月20日(火曜日)の
午後11時までにアップしたいと思う。
 

何度も申し上げているように
今、「このブログ」は過渡期の真っ只中で
先の見通しを立てる事が出来ずに
漂流している状態にある。

ここを乗り越えられるかどうか?
先の事は分からない。

頑張るだけ頑張る他はない、………
と思っている次第である。
 

 

………background music………
………
ボレロ(ラヴェル)
………
解説
………
………
ボレロはスペイン起源のダンスまたは音楽
独特のリズムが特徴で★この曲★もボレロ。
★こちらの動画★の方が分かりやすいと思うけれど
★この曲★もボレロだし、………
本来の意味で最もボレロらしい曲は、やっぱり★これ★
ラヴェルのボレロは
上の動画のような「普通のボレロ」の半分のテンポ
ゆっくりと進行していく。

………
★グダニスク音楽学校(ポーランド)★
演奏時間15分25秒。
最初は非常に小さい音で
演奏者一人一人の顔や手のアップから始まり
徐々に全体が見えてきて音も大きくなってくる。

………
★ロンドンシンフォニーオーケストラ★
クライマックスの部分だけ
ヴァレリー・ゲルギエフ指揮

………
★アンドレ・リュー★
Andre Rieu
………
フラッシュモブ
★コペンハーゲン中央駅★
コペンハーゲン(デンマーク)
コペンハーゲン・フィルハーモニー

………
★サンパウロ美術館(ブラジル)★
………
スライドショー他
★馬★
(音量に注意)
………
★飛行機雲★
日本人の投稿
何故か人気がある動画

★6分33秒経過★
★8分11秒経過★
★11分15秒経過★
★13分35秒~ラストまで★
………
★大曲の花火★
★2分30秒経過★
★4分15秒経過★
★6分35秒経過★
★7分25秒~ラストまで★

………
ちょっと変わった演奏・歌唱
★アンジェリーク・キジョー★
Angelique Kidjo
………
★フランク・ザッパ★
Frank Vincent Zappa
………
★ジャック・ルーシェ★
Jacques Loussier
………
………
舞踊
………
モダンバレエ
(ベジャール振り付け)
★ジョルジュ・ドン★
映画「愛と哀しみのボレロ」
ラストシーン

………
★ニコラ・ル・リッシュ★
Nicolas Le Riche
★1分25秒経過★
★5分40秒経過★
★9分35秒経過★
★12分30秒~ラストまで★

………
★シルヴィ・ギエム★
Sylvie Guillem
2016年1月1日へ向けてのカウントダウン
(2015年12月31日)
★1分25秒経過★
★5分40秒経過★
★9分35秒経過★
★12分30秒~ラストまで★

………
ベジャール以外の振り付け
★ドイツテレビバレエ団★
Fernsehballett
………
★アイスダンス★
Jayne TorvillとChristopher Dean
「ボレロ」はなぜ伝説となったのか

………
★ローラン・プティ バレエ団★
Roland Petit
………
………
和風ボレロ
★「ああ人生に涙あり」★
解説

 

リンク切れ通知(別ページ)

このページのトップへ戻る
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です